重要局面迎えるビットコイン、専門家が予測する今後のトレンド展開とは

重要局面迎えるビットコイン市場
ビットコイン価格が下落前の水準にまで値を戻す中、一部専門家からは強気相場を示唆する考えもみられる。市場のトレンドに関して、彼らの見解をまとめた。

重要局面迎えるビットコイン市場

執筆時点でのビットコイン価格は94万円をやや上回り推移し、ドル建てでは8600ドル(Coinbase)と高値をつけ、先週6月4日頃の下落前の水準にまで値を戻している。

出典:coincheck

こうした状況があるが、仮想通貨アナリストのLuke Martin氏は昨日ツイッター上で、ビットコインのトレンドに関して以下のように言及を行った。

週末に向け、私のウォッチリストの中でもBTCチャートは、おそらく最もワクワクさせるチャートとなっている。

もし価格が再び8400ドル(約91万円)に達した場合、トレンドが再び上向きになったと捉えられるだろう。

それが確認された後の目標は、9800ドル(106万円)になるだろう。

上述した通り、現在の価格は8600ドル付近を行き来しているため、同氏の発言を参考にすれば、現在のBTC市場はかなりの注目ポイントに差し掛かっていると考えられる。

一方で、仮想通貨アナリストであるJosh Rager氏も、ツイッター に分析を投稿している。

ビットコインの7年のトレンドライン:まだ見ていない人のため、念のために言うと、BTC価格は現在7年間続くトレンドラインの上に位置している。

このトレンドラインは(11月18日に)サポートライン(5000ドル(約54万円)を下回った時期)を一度割ったきりだ。

長期的、ビットコインのサポートラインが4月トレンドラインを上回っており、もしBTCが7200ドル以上をキープした場合、強気相場が継続しているものと観察される。

そして、本日の高騰に対してRager氏は「8750ドルを試す前に、おそらく8500ドルまで一度プルバックするが、仮に(終値)16日9時までに8948ドル(97万円)を上回っていれば、ブル相場は確認できる」としている。

バイナンス・ショックの影響も

2ヶ月間右肩上がりの相場が続いていた時価総額7位に位置するBNBは、昨日仮想通貨取引所バイナンスより発表された米国のアクセス制限、いわゆる「バイナンス・ショック」を受け、一時10%以上の反落を記録していた。

米国ユーザーを多く抱えるバイナンスで、アメリカからのアクセス制限が行われた場合、アルトコインへの流動性に大きな影響が出るとの懸念が生じ、BNBのみならず、多くのアルトコインの売却による資金がビットコインやイーサリアムに流入してきているとの見方が広がっている。

さらに、ツイッターのCEOであるJack Dorsey氏は、「インターネット通貨になり得るのはビットコインのみ」と明言し、ビットコインの掛け替えのない存在を強調したため、ビットコインにおける相場のムードは高まっていると指摘されている。

ツイッターCEO、ビットコインの必要性を強調

ツイッターCEO「インターネット通貨になり得るのはビットコインのみ」|フェイスブックの独自通貨にも言及
ツイッター社CEO、Jack Dorsey氏は、インターネット通貨の候補としてビットコイン以外は考えにくいと持論を展開。そのほかフェイスブックの独自通貨についても言及した。

ビットコイン市場は現在重要局面を迎えているが、上述したように様々な要因が複合的に絡み合っているため、ファンダメンタルズ面もリサーチし、重要事項を抑えたうえで今後の動向に対処したい。

重要ファンダの確認は以下の記事から

先読みビットコイン情報|仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表
【6/3 更新】ビットコインETFの審査期限やアルトコインの大型アップデートなど、仮想通貨市場価格に影響を与える得るイベント情報を随時更新。あらかじめ材料をチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
ビットコインに資金集中、『アルトドレイン』にバイナンス・ショックが影響 専門家の意見は?
アルトコインが急落し、ビットコインに資金が集まっている。その要因となるバイナンスの米国制限を解説。今後アルトがどうなるか、米国で取り扱われるアルトコインは?専門家の意見も。
CLOSE
CLOSE