仮想通貨取引所Gate.io、リップルやネムなど計19銘柄を米国市場から取引停止|不明確な規制を懸念

Gate.io、リップルやネムなど計19銘柄を米国市場から取引停止
中華系Gate.ioは、時価総額トップ20の銘柄を含む計19銘柄の仮想通貨を米国市場から取引停止することを発表した。米大手Bittrexに続き、仮想通貨の有価証券問題一部で再燃しつつある。

Gate.io、19銘柄を米国市場から取引停止

CoinMarketCapの「調整後取引高」51位の中華系仮想通貨取引所Gate.ioは、19銘柄の仮想通貨を米国市場から取引停止することを、12日に正式に発表した。

時価総額トップ20の中に、6銘柄が含まれている。

下記通貨の取引・入金サービスの停止は6月30日からとなる。

XRP(リップル)、XEM(ネム)、TRX(トロン)、EOS、CNYX、XTZ、BTM、NAS、QTUM、NEO、GAS、XMR、BCN、WAVES、DCR、ONT、ONG、THETA、TFUEL

出典:Gate.io

米国のユーザーからの取引サービス停止に関して、Gate.ioは「不明確な規制」を要因に挙げている。

Gate.ioの動きは、米国のSECが通貨の「証券問題」をどのように見なすかによるものと考えられる。先日、米国拠点のBittrexとPoloniexも、複数の仮想通貨の取引ペア提供を米国ユーザーから「不対応」にする措置を取っており、米国における仮想通貨の法的ステータスがさらに問題視される可能性がある。

一方で、NYの仮想通貨関連業者ライセンス「ビットライセンス」を取得している大手取引所Coinbaseは、先日XRPの取り扱いを開始。XTZ(Tezos)のステーキングサービスも提供し始めており、Gate.io(ビットライセンス未取得)とは事業の立ち位置が異なる。

米政府に対する仮想通貨の規制・法律の確立がより一層求められる。

CoinPostの関連記事

米Bittrex、同国ユーザー対象にアルトコイン30銘柄を取引停止|有価証券問題が要因か
米国の大手仮想通貨取引所Bittrexが、コインチェックにも上場しているファクトムなどアルトコイン30銘柄の取引を停止する方針を発表した。仮想通貨の有価証券問題が与える影響を考察。
米Poloniexがアルトコイン9銘柄の米国取引を停止へ 通貨価格は反落
米国の大手仮想通貨取引所Poloniexがアルトコイン9銘柄の取引を米国において停止する方針を発表。米規制当局から有価証券取引とみられる懸念が要因だと説明したことで対象通貨は軒並み下落した。
CLOSE
CLOSE