米国におけるブロックチェーン関連の求人数が前年比33倍に急増|ConsenSys調査

米国におけるブロックチェーン関連の求人数が前年比33倍に急増|ConsenSys調査
ConsenSysが最新のブロックチェーン業界レポートを公表
米NY拠点のConsenSysが、最新のブロックチェーン業界レポートを公表した。需要の高まりを受け、米国におけるブロックチェーン開発者の平均給与は、12.5万ドル(1400万円)〜17.5万ドル(2000万円)になるという。

ConsenSysが最新のブロックチェーン業界レポートを公表

米ニューヨーク拠点のブロックチェーン企業ConsenSysが、高まるブロックチェーン関連職の需要をうけて、ブロックチェーン分野に参入を試みる技術者のガイドライン「Blockchain and Dapp Developer Job Kit」を導入した。

またそれに伴い、最新のブロックチェーン業界レポートも公表した。ブロックチェーン関連の求人数や給与、技術者がどのようにブロックチェーンを捉えているかなどのデータが明らかになった。

調査結果として、関連求人数は急増、また同技術を肯定的に捉える技術者も多くいる格好となった。以下がその詳細となっている。

急増するブロックチェーン関連求人

Linkedinの、2018年度米国における新興職業に関するレポートによると、ブロックチェーン開発者の求人数は前年比で33倍と、最高の成長率を持つ職種であるという。機械学習エンジニアの12倍、アプリケーションセールス・エグゼクティブの8倍がそれに次ぐ形となっている。

また、Hard Forkのレポートによると、ブロックチェーン求人数の多さがトップ3の企業は、1位がIBMで110件、2位がEYで60件、3位がOracleの56件となっている。大手企業からの、ブロックチェーン関連人材の需要が増加している様子がデータからうかがえる。

出典:Medium

求人サイトGlassdoorの地域別のブロックチェーン関連求人数については、世界全体の5711のうち、米国が半数を占める2616、次点が英国の1015、その次がインドで257となる。米国が最もブロックチェーン関連求人の多い国となっている。

給与は他業種と比較して高水準に

CNBC、Janco Associates、Burning Glassのデータを集計した結果、求人広告におけるブロックチェーン開発者の平均給与は、米国のブロックチェーン開発者の平均給与は、12.5万ドル(1400万円)〜17.5万ドル(2000万円)になるという。

また、AngelListの調査によると、仮想通貨関連企業の求人広告での給与額の中央値は、非仮想通貨企業と比較して、技術職、非技術職ともに高い傾向にあることが明らかになっている。

出典:Medium

技術者の多くはブロックチェーンに肯定的

Deloitteが、ソフトウェア開発者約6万人を対象にした、ブロックチェーンに関する意識調査によると、29.2%の開発者が、「様々な分野で汎用性があり、生活における多くの側面を変える可能性がある」とブロックチェーンを評価している。また、26.2%が「仮想通貨以外でのデータ管理に活用できる」と評価しており、全体のおよそ55%が仮想通貨以外でのブロックチェーンの活用に期待していることが明らかになった。

しかし、一方では、16.8%が「一時的な流行」、15.6%が「リソースの無責任な使用」との姿勢をとっており、非肯定的な意見も全体の32%ほどみられる格好となっている。

出典:Medium

スポンサーリンク