ヤフー子会社出資の仮想通貨取引所「TAOTAO」、5月30日よりサービス開始

ヤフー子会社出資の仮想通貨取引所「TAOTAO」、5月30日よりサービス開始
TAOTAO、5月30日よりサービス開始
ヤフー子会社が出資する仮想通貨取引所TAOTAOは、5月30日の正午よりサービスを開始することを発表した。現物取引のほか、BTC、ETH、LTC、XRP、BCHの証拠金取引を提供する。

TAOTAO、5月30日よりサービス開始

ヤフー子会社が出資する仮想通貨取引所TAOTAOは、5月30日(木)正午よりサービスを開始することを発表した。

TAOTAOは4月13日、ヤフー株式会社の100%子会社であるZコーポレーション株式会社からの資本参加を受け入れた。これにより、シーエムディーラボの子会社であるとともに、Zコーポレーションの持分法適用会社となる。

これに伴い、荒川佳一朗氏を代表取締役社長とする人事を発表した。5月からスタートする仮想通貨取引所に先駆け、ヤフーグループから新たな社長が就任する。

3月19日に発表された「仮想通貨に関する説明書面」によれば、TAOTAOは、ビットコインとイーサリアムの現物の売買取引に加え、ビットコイン、イーサリアム、XRP(リップル)、ライトコイン、ビットコインキャッシュの日本円建てレバレッジ取引(仮想通貨の証拠金預託による差金決済の売買取引)サービスの提供を予定している。

3つの安全策

TAOTAOでは、3つの予防策を打ち出している。

  1. WAF(Web Application Firewall)導入により、アプリケーションの脆弱性をついた攻撃から利用客を守る
  2. コールドストレージによってお客様の資産をオンライン攻撃から守る
  3. 二段階認証によってなりすましを防ぐ

国内最大手のIT企業が本格参入することにより、仮想通貨市場のさらなる発展が期待される。

CoinPostの関連記事

2019-05-27 12:27
2019-03-27 19:00

スポンサーリンク