底堅さを見せるビットコイン、足元では米ドルからの資金流入が大幅増|仮想通貨市況

底堅さを見せるビットコイン、足元では米ドルからの資金流入が大幅増|仮想通貨市況
仮想通貨市場

●CryptoCompareで、米ドルからの資金流入が大幅増

●米大手コインベースのiOSアプリが大躍進、売上5000万ドル超え

金融市場と仮想通貨

24日の東京株式市場は、前日比33円安の21,117円と小幅安。米中貿易摩擦の深刻化懸念と各国の景気指標が軟調だったことで上値を重くした。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株は、長短まちまちとなった。

2018-03-10 20:30

ビットコインテクニカル分析

BTC価格は下げ目線が強まり悲観論も台頭しつつあったが、23日18:00以降の反騰後に続伸し続け、その後に下値を試すも落ち切らず上昇したことで、一夜明けて景色が一変した。中国通信機器大手、ファーウェイ問題で米中貿易摩擦の懸念が強まっていることも影響している可能性がある。

今秋に大型アップデート「カタパルト」を控える仮想通貨ネムが、前日比14%高となるなど高騰したほか、8月前後に半減期を控えるライトコインも前日比で10%以上の上昇を見せている。

特に、5月中旬からサポートされている86万円付近を上抜けしたことで、目線が変化しつつある。当面は先日何度も跳ね返された89.5万円と、年初来高値の92万円付近を突破できるかどうかが最大の焦点となるだろう。

lschecker

LS比率では、先日逆転して以来の状態をキープしており、特に大きな変化は見られない。

この先の国内ファンダとしては、ヤフー子会社が出資する仮想通貨取引所TAOTAOのサービスが月末に開始されるほか、6月には楽天ウォレット取引所の開始も控えている。

米大手コインベースのiOSアプリが大躍進

仮想通貨市場の盛り上がりに伴い、コインベースに対して注目が集まっているようだ。

先週に、コインベースのiOSアプリがApp Storeでトレンド入りし、今週にはコインベースの商業アプリ「Coinbase Commerce」における、2018年2月のローンチからの売上が5000万ドル(約55億円)を超えた。

Coinbase Commerceは、加盟店へ仮想通貨による支払い受け入れ機能を提供し既存の支払いフローとの統合も可能にする。

Coinbase CommerceのプロダクトリーダーであるJustin O’Brien氏によると、売上は2019年の第2四半期に急上昇しはじめたという。これは、ビットコイン価格が急上昇し、取引トランザクション数も増加した時期と重なる。

Coinbase Commerceの躍進からは、今の業界の盛り上がりが単なる投機熱によるものだけでなく、仮想通貨の実用化も伴うものであることが推察できるだろう。ここ最近で話題になっていた、ビットコインの日間トランザクション数が過去最高値を記録したもそれを示唆しているのではないだろうか。

それらの要素を踏まえると、2017年のブームとはまた異なる様相の隆盛が、市場から伺える格好となっている。

米ドルからの資金流入が大幅増加

また、今年4月までの仮想通貨取引において、米ドルからの資金流入が大幅増加していることがわかった。仮想通貨のデータサービスを展開するクリプトコンペアが最新の調査報告書で明らかにした。

(CryptoCompareは、NasdaqやVanEckの仮想通貨先物に利用されるデータも提供している企業で、信頼性の高い取引データの提供を行なっている企業。)

公開データは直近の大底となった2月から3ヶ月間のデータを記録したものだ。米中貿易摩擦の影響もあってか、4月のドル建ての取引高が前月比で1.7倍弱まで増加傾向にある。

なお、ビットコインデリバティブ取引の出来高推移でも、米ドルに関連するデリバティブ商品の出来高推移は、上述した現物の出来高推移と比例して上昇。CMEのビットコイン先物取引では、263%の出来高増加が記録された。

一方で、bitFlyerを中心に日本のビットコインデリバティブ取引の出来高は4月に36%出来高が増加。現物市場とは異なり価格推移と比例して増加した。

これらの傾向から、米国が今回の価格上昇の牽引要因になっていた可能性が指摘されている。

なお、強気相場への関心がより高まった5月の統計データは公開されていないが、リアルタイム取引高の傾向を掲載するfiatleak.comのデータでも米ドルからの資金流入は依然高い傾向を維持。市場の先行指標となり得る米国で活発に取引される時間(日本の深夜から昼まで)の時間の市場の方向性は、直近の市場を見る上で参考指標となるかもしれない。

CoinPostの関連記事

2019-05-24 17:25
2019-05-24 11:00

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。

スポンサーリンク