ビットコインは2つの抵抗帯を打ち破れるか?Coinbaseのイーサリアム取引高が過去17ヵ月最大に|仮想通貨市況

ビットコインは2つの抵抗帯を打ち破れるか?Coinbaseのイーサリアム取引高が過去17ヵ月最大に|仮想通貨市況
仮想通貨市場

●BTCは三尊→急落からスピード復帰する浮力の高さも

●イーサリアムの週間取引高が1200億円規模に

金融市場と仮想通貨

本日の東京株式市場は、ファーウェイへの輸出規制などを嫌気した売りが先行したものの下げ渋り、前日比29円安と小幅反落。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株は、セレスが前日比14.87%安と暴落。前日上昇したリミックスも前日比3.24%安と下落した。

また本日は、国内の自動車大手ホンダと米ゼネラル・モーターズが電気自動車を活用してスマートグリッド実現に向けた共同研究を始めることがわかった。ホンダとGMが開発する電気自動車では、このシステムにブロックチェーン技術を導入する。

2018-03-10 20:30

ビットコインテクニカル分析

ビットコインは、三尊ネックラインの攻防で耐え切れず、堰を切ったように急落(①)。

85万円のサポートも割り込むも、17日暴落時の下落幅(12万円)には至らず、12日の最高値83.5万円のラインで下げ止まった(②)。三尊のサイズ比も調整幅に表れていると言える。

その後朝方にかけて約5万円幅ほど上昇するも再反落。揉み合いが続くも、トレンドラインの角度からも分かる通り、急落後の浮力の強さかrも買い意欲は旺盛だと考えられる。

現在は、巨大な三角保ち合いのような状況となっており、上抜け(③)出来るか下抜けするかに投機家の注目が集まりそうだ。

ビットコインETF延期が織り込まれていたとは言え、上値の重い展開が続いていた。

VanEck社のビットコインETFは2回目の延期が決定され、次回の判断は90日後の8月19日となる見込み

Coinbase、イーサリアム2017年以来最高の取引高を記録

仮想通貨市場の時価総額において2番目の規模を誇るETH(イーサリアム)の取引高が、米最大手仮想通貨取引所Coinbaseにおいて、過去17ヵ月で最高を記録した。

CoinbaseのETH市場で人気の取引ペアはETH/BTC、ETH/USDで、過去1週間の取引量の合計が約3,675,570ETHとなった。同取引所はETH/GBP、ETH/EUR、ETH/USDCの取引ペアも取り扱っているが、それらも含め合計すると直近1週間で約427万ETHが取引されている。

これは市場価格で約1200億円の価値に及ぶ。その背景には、米NYで開催された「コンセンサス2019」がある。

ETHの取引高を引き上げた好材料として具体的には、世界四大会計事務所の1つ、デロイトがイーサリアム利用の大型プロジェクトをローンチ予定であることを、「コンセンサス2019」にて明かしていることが挙げられるだろう。

ブロックチェーン採用に積極的なデロイトであるが、今月には利用プラットフォームをイーサリアムからVechainへ移行することがサンフランシスコで開催された「VeChain Summit 2019」で明らかになった。しかし、今回の発言によって、同社はイーサリアムも継続して利用していくことが判明した格好だ。

その発表を受け、ETHが特に高い上昇率をみせていたことからも、好調な仮想通貨市場の影響だけでなく、この発表が取引高の増幅につながった主な原因だと考えられる。

なお、Coinbaseで見られた高い取引高は、コンセンサス2019もCoinbaseも米国発のもので、「ETH/USD」のペアを提供する米最大手のCoinbase(ビットライセンス取得企業)は、米国の仮想通貨市場に直接に影響を与えていたと考えられる。

CoinPostの関連記事

2019-05-21 11:47
2019-05-21 07:08

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。

スポンサーリンク