米NY証券取引所傘下のNYSE Arca、債券含む「新ビットコインETF」を申請

米NY証券取引所傘下のNYSE Arca、債券含む「新ビットコインETF」を申請
新たなビットコインETF申請が提出
米NY証券取引所傘下のNYSE Arcaから、米債権を含む仮想通貨ビットコインETF商品の申請が提出された。ETFやETNなど株式以外の商品にも注力した取引所として知られる。

NYSEアーカ、新たなビットコインETF申請を提出

大手証券取引所のNYSE Arcaから、1月に申請されていたビットコインを含むETF商品の申請が米SECに正式に提出されたことがわかった。

これにより、VanEck社やBitWise社の申請するETFとは異なる、ビットコインと短期の米国債権の2つの資産を含む独自の投資信託の申請プロセスが開始する。

NYSE Arca(旧アーキペラーゴ)は、2006年からNYSE傘下となり、米最大手インターコンチネンタル取引所(ICE)が所有する株式取引所で、 新興企業を中心にNYSEやNasdaqの銘柄を含む8000銘柄以上が取引できる。

ETFやETNなどの株式以外の商品にも注力した取引所として知られ、今回のビットコインETFの申請にも繋がった背景がある。

今回の投資信託商品は、米Wilshire Trust社が提案したもので、ビットコインへの投資を可能にしながら、仮想通貨特有のボラティリティを抑えるためにビットコインと短期(1年以内)の米国債権を含む。特筆すべきはビットコインと秘密鍵の管理は仮想通貨取引所コインベースのカストディ部門「Coinbase Custody」が行う点だ。

また、同カストデイアンを通じて同商品の担保となるビットコインには最大2億ドルの補償が出る信用保険がかけられている。

今回提出されたビットコインを含むETF商品を考案した企業Wilshire Trust社は、1月にも似たような申請を提出していたが、前回から数点の変更を加えてから今回正式に申請プロセスが開始した。前回との大きな違いは米ドルが担保資産から外れた点だ。

CoinPost関連記事

2019-01-17 12:19

スポンサーリンク