国内大手取引所QUOINE運営のLiquidグループが米国市場進出を発表、新会社Liquid USAを設立

国内大手取引所QUOINE運営のLiquidグループが米国市場進出を発表、新会社Liquid USAを設立
Liquidが米国市場進出を発表
リキッドグループ株式会社はVirtual Currency Partnersと共に新会社Liquid Financial USA Inc.を設立し、米国市場への進出を行うことを発表した。

Liquidが合弁会社Liquid USAを設立し、米国市場への進出を発表

日本で仮想通貨取引所のサービス展開を行っているQUOINE株式会社の親会社であるリキッドグループ株式会社は15日、プレスリリースにて、Virtual Currency Partners(VCP)と共に、合弁会社Liquid Financial USA Inc.(Liquid USA)を設立したことを発表した。

同新会社は米国市場への進出の第一歩となる。現在は米国の規制当局の認可を取得中で、具体的には2020年1月までにサービスを開始することを目標にしているという。

同プレスリリースによると、Liquid USAは米国で金融サービス事業を展開するIQX社を買収し、IQX社を通じて米国市場に参入するという。

リキッドグループ株式会社はシリーズCラウンドでの資金調達実施により、評価額が10億米ドル(約1,110億円)を超えたことで話題となった。これにより、未上場ながら評価額が10億ドル以上且つ設立から10年以内というユニコーン企業の定義に当てはまり、日本国内ではメルカリに次ぐ2社目となるユニコーン企業となっている。

CoinPost関連記事

2019-04-03 16:20

リキッドグループCEOの栢森加里矢氏は、以下のようにコメントした。

米国は仮想通貨業界にとって世界最大の市場のひとつであり、米国市場でのサービス提供については我々のコミュニティや取引先企業・機関投資家から広く関心を寄せられている。

今回の合弁会社設立とIQX社の買収は、我々の米国における事業展開を約束するものであり、プラットフォームの成長を加速するためにVCPと協力できることを楽しみにしている。

2003年からGlobespan Capital Partnersで働いていた時代の私のメンターであり、Globespan Capital Partnersの共同創設者で元エグゼクティブマネージングディレクターであるBarry Schiffman氏と再び一緒に働けることを、個人的に大変光栄で嬉しく思っている。」

VCP会長のBarry Schiffman氏は以下のようにコメントした。

仮想通貨とその領域における多くのプレーヤーを研究して1年近く経った後、私たちはLiquidと、Liquidが日本で最初に金融庁登録を受けた世界でトップ5の仮想通貨取引所として、これまでに構築した強力な基盤に非常に感銘を受けた。

Globespan Capital Partners時代からの関係を基に、再びMike(栢森)と働けることを嬉しく思う。Liquidファミリーに参加し、米国進出をリードすることを楽しみにしている。

CLOSE
CLOSE