バイナンスの入出金再開は『火曜日』に ビットコインが牽引する仮想通貨市場への影響は

バイナンスの入出金再開は『火曜日』に ビットコインが牽引する仮想通貨市場への影響は
バイナンスの入出金再開は『火曜日』に
バイナンスは13日未明、ビットコインの不正流出以降停止していた入出金を今週火曜日に再開すると発表した。上昇トレンドにある仮想通貨市場にも重要な理由を解説。

バイナンスの入出金再開は火曜日に

仮想通貨取引所バイナンスは13日未明、7000ビットコインの不正流出事件以降停止していた入出金を今週火曜日に再開すると公式ブログを通じて発表した。今回の発表は事件後に行なったAMA以降初めてのブログ更新となる。

入出金の再開は、5月14日火曜日に実行。アップデート時には取引が停止されるという。なお、具体的な時間は明言されておらず、この日程が何処のタイムゾーンを基準にしたものかはわかっていない。(CZ氏も現時点でどのタイムゾーンか定かではないと発言。)

バイナンスマーケットの状況は

現在の仮想通貨市場高騰に伴う盛り上がりを踏まえると、この入出金の再開は相場にも影響が出る可能性があり、詳細に関する続報は重要なアナウンスとなりそうだ。

13日のバイナンスの出来高は、資金流出後かつ入出金が停止している中でも2100億円と、全取引所で5位のパフォーマンスを維持している。これは2019年Q1(1月〜3月)の出来高平均約900億円から2倍強の水準であり、高騰相場による市場の盛り上がりが反映されたものとなる。

出来高の高さから過半数はUSDTペアであり、ビットコインやイーサリアムと主要通貨の出来高に集約されている。出来高の高さなどから内在ユーザーが他のマーケットに移る(出来高減少パターン)か、もしくはバイナンスの特徴でもあるアルトコイン取引に他のマーケットから資金が流入(出来高増加パターン)するか、出来高の推移は今後の市場を見る指標となりそうだ。

他のマーケットへ資金が流出した場合は、フィアットへの流入経路がないバイナンス資金が売られる可能性も考慮する必要に迫られるが、仮に出来高が増加しランキングが上位に上昇した場合は、他のマーケットからの資金流入を示すデータになるため、ビットコイン牽引相場で劣勢に立たされていたアルトコインの市場により高いパフォーマンスが出る可能性もある。上昇トレンド相場のより顕著な変化につながるきっかけとなるかもしれない。

現相場における傾向を整理すると、①ビットコインで上昇トレンド確認、②ビットコインが先行して高騰、③主要アルトコインが高騰、④全体的に調整の動き(現在)がドミナンス推移などからも示されている。過去の状況からも、昨日の主要アルトコインの高騰は予想よりも早く見られている。

スポンサーリンク