ペプシコーラのPepsiCo、Zilliqaブロックチェーンベースの広告テストで28%の効率化に成功

ペプシコーラのPepsiCo、Zilliqaブロックチェーンベースの広告テストで28%の効率化に成功
ペプシコーラの親会社、仮想通貨Zilliqaブロックチェーンベースの広告運用をテスト
ペプシコーラで知られるPepsiCoが、Zilliqaのブロックチェーンベース広告運用テストを行い28%の効率化を達成したことが判明。これに伴い、仮想通貨ZILは前日比一時15%高騰した。

PepsiCoがブロックチェーンベースの広告運用をテスト

ペプシコーラで知られる食品・飲食大手のPepsiCoが、仮想通貨Zilliqaのブロックチェーンベースでの広告運用の試験を行なっていたことが明らかになった。その結果として広告キャンペーンにおける効率が28%向上。Coindeskなど複数メディアが報じた

試験は「Project Proton」と称されており、PepsiCoのプロジェクトパートナー兼メディアエージェンシーを務めるMindshare社との共同で実施。Zilliqaのスマートコントラクトを活用し、広告のインプレッションに対する支払いの透明性の向上と効率化が図られた格好だ。

なお、試験は3月にアジア太平洋地域で行われたとしており、現在はパブリッシャーへの支払いや新たなパフォーマンス指標を追加した第2弾の実施を計画しているという。

PepsiCoのアジア・中東・北アフリカ地域消費者エンゲージメント部門のディレクターであるFarida Shakhshir氏は、今回の試験について次のように述べている。

有望な結果だった。我々は、全体的な影響の測定とさらなる仮説の実証をするために、異なる条件下でのいくつかの追加でのキャンペーンの実施を計画している。

なお、今回の発表を受けて仮想通貨ZILの価格が高騰。以下のチャートが示すように、ZIL/USDTで、前日比で最大15%の価格上昇を記録した。

出典:Tradingview

広告運用における大手飲料企業のブロックチェーン採用に注目が集まった結果となった。

CoinPost関連記事

2019-05-07 12:27

スポンサーリンク