ヴィタリック氏がイーサリアムのPoS報酬額詳細を提示|市場供給量大幅減で上昇要因になる可能性も

ヴィタリック氏がイーサリアムのPoS報酬額詳細を提示|市場供給量大幅減で上昇要因になる可能性も
ヴィタリック氏が新たな提案
イーサリアム創設者Buterin氏は、「Proof of Stake」へ移行後の、ステーキング報酬に関して、当初の予定よりも高い報酬の配当を提案。この提案に対し、一部の開発者からは否定的な意見も上がっている。
バリデータとは
バリデータとは承認者の意で、取引履歴を検証する役割などを持ち、その役割を果たすと報酬が与えられる。

CoinPost:仮想通貨用語集

ヴィタリック氏が新たな提案

イーサリアム創設者のVitalik Buterin氏は先日、Github上にコンセスサス・アルゴリズム「Proof of Stake」へ移行後の、ステーキング報酬に関する内容を投稿。当初の予定よりも高い報酬の配当を提案した。

PoSとは、「保有する通貨(ステーク)の割合に比例し、ブロックを新たに生成・承認する権利が得られる」という仕組みを備えたコンセンサス・アルゴリズムで、ステーク量が多いほどブロックの生成権・承認権が得られやすくなる。

Buterin氏は、それぞれのステーク量あたりの、一年の報酬の提案を以下の表で示した。

出典:GitHub

例えば、100万ETHがステークされた場合、最大の年間報酬レートが18.1%なので、最大 181,019ETHが新たに発行されることになる。また、最大の年間発行額は2,097,152ETHとなっている。

2月末のアップグレード後、マイニングの報酬が3ETHから2ETHに減少したことで、現在のPoWにおける最大年間発行量は、PoSへの移行までは1200万ETHとなる。

PoSへ移行した際に、この提案が採用され、仮に年間の最大発行量が2,097,152ETHとなった場合、通貨発行量は現在の10分の1程度にまで抑えられる。

また流通する通貨の一部はステークされ、一定期間は市場に出回ることがないため、結果として、実際の流通量はかなり低下することになる。そうなれば売り圧力は大幅に低下することが予想されるだろう。

この提案に対して、多数のデベロッパーが賛成を示すも、一部からは「ステーク量に比例し、報酬を増加させるべきではないか」との意見も上がっているのが現状だ。

イーサリアム2.0の進捗状況

イーサリアムのスケーリングソリューションに特化したクライアント企業「Prysmatic Labs」は、超大型アップグレード「セレニティ」のテストネット実装に関して、第0段階のテストネットのリリースの予定日が近づいていると公式アナウンスした。

Prysmatic Labsは公式ブログにて、先日GitHub上で公開された「イーサリアム2.0」のロードマップの「フェーズ0」における、パブリック・シングルクライアントのテストネットのリリースを計画している、としている。

なお、同ブログによれば、テストネットの目的は、「フォークやバリデータの非活動に柔軟に対応し、PoSのシステムに新たなバリデータが参加できるネットワークを提供する」こととされている。

フェーズ0とは、「シャード未実装のビーコン・チェーン」という特徴である。

出典:GitHub

フェーズ0:シャード未実装のビーコン・チェーン

  • Casper FFGを用いた、決済ファイナライズのための「PoS」ビーコンチェーン
  • バリデータがブロックを提案する際に、RANDAOを利用し、RNGを作成する
  • RNGのアウトプットからProposerとattestation committeeを組織化する
  • バリデータがクロスリンクを生成

スポンサーリンク