ビットコインの長期トレンド指標がプラスに転換 仮想通貨市場観測

ビットコインの長期トレンド指標がプラスに転換 仮想通貨市場観測
ビットコインの長期トレンド指標が転換
ビットコインのトレンドを見るテクニカル指標であるMACDが、2週間足でプラスに転換。2018年2月以来のプラス域に浮上した。トレンドが明確にでる仮想通貨市場の重要指標に。

ビットコインの長期トレンド指標が転換

ビットコインのトレンドを見るテクニカル指標であるMACDが、2週間足でプラスに転じたことがわかった。

2週間足のMACDが転換したのはバブル崩壊後の2018年2月以来で、中長期のトレンドにも転換の兆しが確認された。

MACDは移動平均線により精度を高めた指標として利用されるトレンド指標で、2本の移動平均線と2本線の距離を図るヒストグラムの構成で市場の方向性を示している。

2週間のMACDの転換であることから、プラス域への転換が直近の上昇水準に直結する動きに繋がるとは限らないが、他の金融資産と比較すると上昇と下落でトレンドが明確に見られるビットコイン価格推移において、中長期のトレンド指標は重要になる。

ビットコインの値動きで再現性が注目されている2014年のチャートを取りあげると、トレンド転換時のMACDが2週間でプラスに転じた時点(2015年6月)より上昇トレンドに移行していることが確認されている。

その後の推移では2016年に75日移動平均線の水平の0ラインが意識され2番底をつけたのち、2018年の暴騰相場へ移行している。2016年の損値ポイントを見ても、ビットコインの中長期トレンドで注目されてきた指標の一つであることが見えてくる。

スポンサーリンク