米送金大手ウェスタンユニオン、フィリピン仮想通貨取引所と提携|法定通貨の送金サービス開始へ

米送金大手ウェスタンユニオン、フィリピン仮想通貨取引所と提携|法定通貨の送金サービス開始へ
WU社、フィリピンの仮想通貨取引所と提携
ウェスタンユニオンが仮想通貨取引所を運営するフィリピン企業と提携した。ウォレット間での法定通貨送金が可能となる。銀行口座を持たない人口の多いフィリピンで、新たな送金の選択肢を与えることになる。

WU社、フィリピンの仮想通貨取引所と提携

米送金大手ウェスタンユニオンと、500万人以上の顧客を持つ仮想通貨取引所やウォレットを提供するフィリピンのブロックチェーン企業Coins.phとの提携が明らかになった。

法定通貨の送金における提携となっており、Coins.phが提供する電子マネーウォレットが使われるという。

今回の提携により、国内及び国外からのウォレット間での直接送金がウェスタンユニオンのネットワークを利用することで可能となる。

ウェスタンユニオンと提携する全世界の小売りネットワークと連携することで、国境を問わないグローバルな決済も実現するという。

なお、Coins.phのウォレット利用にはKYCが必要となっており、月当たり10万フィリピンペソ(約22万円)の送金上限が設定されているが、銀行口座を持たない者も多くいる同国での今回のサービス開始は、送金において新たな選択肢を与えるものとなるだろう。

フィリピンにおける国際送金の現状

フィリピン中央銀行の調査によると、約1000万人のフィリピン人が国外で就労しており、同国は世界で最も国際送金が集まる国の一つである。

また、経済成長著しい同国への年間送金量は年3%づつ増加、去年8月の国外在住フィリピン人から同国への個人送金総額は約3000億円に及んだという。

そのような状況を踏まえて、Coins.ph共同設立者兼CEOのRon Hose氏は次のように述べた。

多くのフィリピン人が国外で就労し、フィリピンへ定期的な送金をするが、彼らは常に別の選択肢を求めている。彼らの愛する者がもっとも快適にお金を受け取れる選択肢だ。

スポンサーリンク