ビットコイン急騰で50万円越え 仮想通貨相場高騰要因は?

ビットコイン急騰で50万円越え 仮想通貨相場高騰要因は?
ビットコイン急騰で50万円越え
ビットコイン相場は4月2日、日本時間昼13時半に価格が大きく急騰し50万円を突破、2019年の最高値を更新した。価格上昇の要因は?

ビットコイン急騰で50万円越え

ビットコイン相場は4月2日、日本時間昼13時半に価格が大きく急騰し50万円を突破、15分足確定のタイミングで一時調整が入るも、上昇の勢いを継続、わずか20分で前日比15%高に到達した。

今回の上昇によって、2019年の最高値を更新、2018年末の下落後の水準から1日の最大上昇率を記録した。

BTCJPY(bitFlyer)の長期レンジにおいて(2018年以降より)右肩下がりに形成されたレジスタンスラインのポイントに差し掛かっていたほか、直近で抵抗帯となった黄色の価格帯を抜けるか否かが注目されているタイミングにあった。上昇相場へのターニングポイントとして注目されていたポイントでもあったため、価格上昇による買いが強まったと見られる。

また、市場の関連指標として注目されていたCoinMarkerCap上で掲載されるビットコインドミナンスが、2018年8月に50%回復して以来初となる50%を割る目前(厳密には50.1%を割った)に迫ったタイミングでもあり、これまで半年に渡り底堅く推移していたビットコインドミナンスが意識されたとする見方もある。

出典:CoinMarketCap

なお、昨日の仮想通貨市況でも報じた様に、Bithumbの仮想通貨流出事件を含め仮想通貨流出のインシデントが相次いで確認されるなど、市場の売り圧力に直結するニュースが報じられていた中でも、相場への影響は限定的に留まるなど、売りの弱さが確認された。

BitMEXでは10万BTCを超えるロスカット

今回の上昇タイミングで、ビットコインのデリバティブ取引を提供するBitMEXにて、10万XBT(ビットコイン)を超えるショートポジションのロスカットが確認されたことがわかった。

このロスカットの数量は、BitMEXで上限100倍のレバレッジを加味した数値であると見られるが、異常な数値である。このロスカットの連鎖が、現ビットコイン相場の急騰を後押しした要因の一つとなったことがわかるデータだ。

今回の上昇で重要な指標を上抜け

また、今回の上昇率が極めて高かったことで、長く意識されていたビットコイン日足の200日平均線を突破したことが、最大の重要ポイントだ。

チャートの時間レンジを長期で見ると、日足の200日平均線は2016年よりサポートラインとして意識されてきたラインで、2018年のバブル崩壊でレジスタンスラインへ変わった経緯がある。

同ラインを上抜けしたことが確認されたことにより、過去最長の期間続いた弱気相場に、本格的なトレンド転換が期待される。

CoinPostの関連記事

2019-04-02 12:38
2019-04-01 11:46

スポンサーリンク