仮想通貨バブルを予測した海外アナリスト、イーサリアムの次期上昇タイミングを分析

仮想通貨バブルを予測した海外アナリスト、イーサリアムの次期上昇タイミングを分析
仮想通貨イーサリアム、上昇タイミングは4月24日と専門家が予想
2017年のバブル到来時に当たるイーサリアム高騰を予測したことで注目を集めた仮想通貨アナリストが最新の価格上昇タイミングを分析する内容を公表した。テクニカル指標の状況から、大きく動くポイントが迫っていると予想している。

イーサリアムのテクニカル分析

2017年5月中旬に起きた仮想通貨イーサリアム価格の急騰を事前に予測した仮想通貨アナリストがイーサリアム価格の次の上昇タイミングは4月24日前後にあると、今後の相場の展望を分析した。

理由として挙げたのは、イーサリアムチャート上の日足の50日指数移動平均線と200日指数移動平均線のゴールデンクロスのポイントだ。

50日と200日平均線がゴールデンクロスしたポイントは、2017年4月にイーサリアムのバブル相場が到来したタイミングと、バブル崩壊後にイーサリアムが反発した2018年6月の2回であり、仮に今回このポイントが上抜けできれば、大きな上昇局面を迎えるとの見方だ。

ゴールデンクロスとは

価格が下落した後、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上抜けする現象。一般的にゴールデンクロスが起きると上昇局面を迎える一つの指標としてみられている。

なお、このポイントに差し掛かる前兆にあたるポイントとして、50日指数移動平均線(EMA)と100日指数移動平均線(EMA)のポイントを挙げている。このポイントが、文頭で記載した4月24日前後のタイミングにあたり、現在直近に差し迫っている重要ポイントとしてみている。

この50EMAと100EMAのゴールデンクロスが確認された場合のターゲットとしては、2019年に入ってから未だに突破しきれていない1万8000円(約165ドル)が重要指標になり得ると分析した。このポイントは、今年に入ってからも一度接近している価格ラインで、3月1日に大型アップデートを控えたイーサリアムの期待上げ時期に、高値164ドルを記録している。

また、今回指摘される指数移動平均線(EMA)ではなく、移動平均線(SMA)の50日平均線と200日移動平均線に目を移してみると、前回ゴールデンクロスしたタイミングは2017年のバブル到来前の時期にあたり、バブル崩壊後の2018年の年初にデッドクロス後も含め、一度もみられていない。これら二つの移動平均線の動きをみても、下落後に動かない値動きを経て、上昇に向けたチャートの状況が整ってきたと言えるだろう。

なお、仮想通貨取引所Bitfinexの直近3ヶ月で見たロングとショート比率では、上目線を示すロングが8割を超えていることが確認されている。急落の燃料となり得るとの見方もあるが、このタイミングで上昇をみる動きを示す一つの指標ともなるだろう。

なお、今回分析した仮想通貨トレードアナリストのScienceGuy9489氏は、バブル到来前にあたる2017年4月後半、翌月5月24日頃にイーサリアム価格が上昇するとした価格分析を発表、実際に上昇を言い当てた人物としても知られており、今回の展望分析が注目を集めている。

当時のイーサリアム価格は、5月18日に上昇を開始後に28日の急騰などを経て、6月14日まで約1月に渡る上昇相場を継続、当時のイーサリアム最高価格を更新していた。

CoinPostの関連記事

2019-04-01 13:16
2019-04-01 12:47

スポンサーリンク