仮想通貨採掘大手Bitmain、IPOの失敗認める 新たなCEOで新経営体制

仮想通貨採掘大手Bitmain、IPOの失敗認める 新CEOで新経営体制
仮想通貨採掘大手Bitmain、IPOの失敗認める
ビットメインは26日、香港株式市場へのIPO申請が失敗に終わった事をHP上で報告した。今回のIPO申請を前向きに捉え、再申請の意向を示したほか、新経営体制など、業界の活性化に前向きな動きとなった。

仮想通貨採掘大手Bitmain、IPOの失敗認める

仮想通貨マイニング大手のビットメインは26日、同社ホームページ上で昨年より申請していた香港株式市場へのIPO申請が失敗に終わった事を報告した。 昨日時点で、IPOの申請期限に当たる6ヶ月の有効期限を迎えることがわかっていたが、申請企業であるBitmainが明かしたのは今回が初めてだ。

出典:bitmain.com

なお、今回は失敗に終わった上場申請も、再度行う意向を示している。上場手続きは適切な時期を見るとしたため、具体的な日程明らかになっていないが、仮想通貨企業として株式市場への上場を目指す姿勢は貫く意向を示した。

同社は、今回のIPOプロセスを経て、企業の透明化に大きな一歩になったなどと発言、上場までのプロセスを経て強化された企業の競争力で、2019年には顧客に革新的かつ有用なサービスを提供することに注力する。

今後の方針としては、噂されていた取締役社長をHaichao Wang氏に正式に任命、創業者であるジハン氏などは現在の役職から退きBitmainの経営体制を一新、大手マイニング企業としてサービス展開強化を図る。

マイニング企業が再度活発化

中国のマイニング業者は、雨季に当たる4月以降、マイニング機器の再稼働を行うことがわかっている。これは、水力発電の効率が上がることで電気料金が引き下げられることが理由にあるが、Bitmainも数十万台規模の再稼働を予定しており、マイニング業界だけでなく仮想通貨市場の活発化にもつながるとの見られている。

Bitmainも含め、11月の急落からより厳しい状況に置かれるビットコインを支えるマイニング企業に、新たなフェーズが到来するかもしれない。業界の活性化に期待したい事例だ。

CoinPostの関連記事

2019-03-26 07:05
(URL)&from=in_article

スポンサーリンク