【SWELL1日目】リップルがビルゲイツ財団と提携!Mojaloopについて解説

【SWELL1日目】リップルがビルゲイツ財団と提携!Mojaloopについて解説
SWELL初日、リップル(Ripple)公式からビル&メリンダ・ゲイツ財団との提携が発表された
他にもDwolla、ModusBox、Software Group、Crosslake Technologiesといった名前が挙げられ、共に貧困層のためのプラットフォームを構築するという目標、そしてそれに関連した「Mojaloop」というソフトウェアも発表されました。

カウントダウンによりSWELLでの発表内容の期待を煽ったリップルが、そのハードルを見事に超えてきました。

リップルがビル・ゲイツ財団(ビル&メリンダ・ゲイツ財団)と提携を発表し、Dwolla、ModusBox、Software Group、Crosslake Technologiesと共に、発展途上国の銀行口座を持てない貧しい人々でも決済可能にするプラットフォームを構築することで、誰でも金融サービスを使用できるようにする、という目標を発表したのです。

そして、そのためのオープンソースソフトウェアとして「Mojaloop」も発表されました。

Rippleとゲイツ財団は貧困撲滅のために提携を発表

Oct 16, 2017 by Kelly Johnson


参考記事はこちらから

Bill & Melinda Gates Foundation Releases Open-Source Software to Support Efforts that Expand Access to Financial Services in Developing Countries

Oct 16, 2017 by Bill & Melinda Gates Foundation


参考記事はこちらから

Mojaloopとは?

Mojaloopとは、モバイルウォレットで決済できるようにするソフトを開発し、貧困で口座を持たない人でも決済サービスを受けれるようにするものです。

貧困層の人々がモバイルウォレットによって、どこにでも誰にでも送金出来るようになる、と説明されています。

GoogleやAppleが仮想通貨での決済に対応する予定のAPIにて採用されていると思われる、リップル社のInterledger Protocol (ILP)の力を活用するとの事です。

このMojaloopの開発費は提携を発表したビル&メリンダ・ゲイツ財団が援助し、MojaloopはGitHubで開発者に無償提供されるそうです。

発表に合わせて、Level One Projectという公式サイトも開設されました。

ビル・ゲイツ財団(ビル&メリンダ・ゲイツ財団)とは?

ビル&メリンダ・ゲイツ財団とは、最早誰もが知っていると言っても過言ではないマイクロソフト会長ビル・ゲイツ、そして彼の妻のメリンダによって創設された世界最大規模の慈善基金団体です。

この財団は、今回のMojaloopのように貧困層の支援を目的としています。

仮想通貨界隈では、2017年6月にファクトム(factom)がビル&メリンダ・ゲイツ財団と共に1兆ドル規模の米国住宅ローン市場データ管理の計画を開始したニュースでも名前が挙がりました。

この発表によるXRPの値動き

チャートを見ると分かるように、このようにSWELLのカンファレンスに対する期待上げと、この提携が発表されてから、XRPの価格は一時上昇しています。

第14代連邦準備制度理事会(FRB)議長のBen Bernankeの発言も話題になりました。

しかしその後長時間に渡って続いたSWELLの中では、他に大きな発表と言っていいものはありませんでした。

その影響もあってか、チャートが急落し、上昇以前の価格に戻ってしまっています。

このように、価格へと大幅に影響するリップルの大型カンファレンス、SWELL。

CoinPostではこれから連日SWELLについての記事を投稿する予定です。Twitterと合わせてチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク