ビットコインなどのマイニング市場に見逃せないシグナル、IOTAの上昇理由は?|仮想通貨市況

ビットコインなどのマイニング市場に見逃せないシグナル、IOTAの上昇理由は?|仮想通貨市況
仮想通貨市場

●テザー(USDT)とBTC価格の相関性:LongHash提供

●仮想通貨のマイニング市場に見逃せないシグナル

金融市場と仮想通貨

2019年3月22日(金)の国際金融市場の値動きは、以下の通り。

日付 NYダウ 日経平均 BTC価格
3/14(木) 25,720ドル(+148) 21,456円(-140) 43.0万円
3/15(金) 25,473ドル(-200) 21,287円(-169) 43.0万円
3/18(月) 25,848ドル(+138.93) 21,584円(+133.65) 44.1万円
3/19(火) 25,914ドル(+65.23) 21,566円(-17.65) 44.0万円
3/20(水) 25,887ドル(-26) 21,608円(+42.07) 44.5万円

本日の東京株式市場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)前で、年内の利上げの見通しを見極めるための様子見基調も強まり、小幅高。

朝方には、米中通商交渉が難航していると伝わり、先物に海外投資家の売りが出たが、期末配当に向けて買い注文が出た。

2018-03-10 20:30

フランスに続いてドイツの経済指標である、3月独製造業PMI速報値が44.7(予想48.0)と大幅悪化(好不況の境目が50前後)したことを受け、ユーロドルが急落を見せた。

出典:SBI証券

今月8日にも、米NY外為市場で、欧州中央銀行(ECB)理事会の決定を受け、ユーロが対ドルで急落、1年9カ月ぶりの安値を付けている。

ビットコインテクニカル分析

BTC価格は、依然として狭いレンジで推移。引き続き上昇チャネルが効いており、昨日の大口主導の急落もセンターラインで止まり、海外大手取引所BitFinex基準では4,000ドルラインで反騰しているように見受けられる。

このまま日足EMA100を明確に抜けきることが出来ず、強めに下落した場合、チャネル下限の3,920ドル付近が意識されやすいラインと言える。

マイニング市場に大きな動き

仮想通貨価格下落から、マイニング業界は煽りを受けていたが、ここにきて複数の大手企業が新たな動きをみせた。

  • マイニング大手Bitmain、今夏に20万台規模のマイニング機器を再稼働予定
  • SBIが「仮想通貨マイニングチップ」の製造会社を設立

Bitmainの動きは、中国の電力代が関係しているが、中国勢の出戻りが起これば、ビットコインのハッシュレートも上昇傾向に移行する可能性が高い。

また、SBIの参入も、将来的な仮想通貨の上昇を見越した半導体分野への強化である事が予想され、相関性の高いハッシュレートの上昇とともに、相場上昇が見られれば、再び半導体メーカーとの需給関係改善につながり、一大産業として注目が集まる可能性は考えられる。

他にも、マイニングに関する動きで注目したい点は、半導体メーカーの株式市場の動きにも上昇傾向が見られている点だ。これまでマイニング需要とともに上昇してきたことで高い相関性を示しているビットコインとの値動きに、プラスの影響が出る可能性がある。

FOMCや低金利の長期化で、米株式市場への資金流入が続くとの観測が改めて高まっており、ダウ工業株などとの相関性も高まる可能性がある。

現状、リスク的な側面に置かれるマイニング分野に、新たな兆しが見られれば、業界全体の緩和にも繋がる可能性はある。

詳しくは、以下の記事で解説している。

2019-03-22 16:22

IOTAが上昇した理由

ペイメントアプリの「Zeux」は21日、IOTA Foundationと提携し、小売店でのCrypto Paymentsに仮想通貨「IOTA」を追加した。

日常生活で広く普及することに繋がるとして、IOTA Foundationの創設者のDavidSønstebø氏は、「IOTAエコシステムにとって大きな利便性をもたらす」として、その興奮を伝えた。世界的にシェア率の高い、Apple PayとSamsung Payを導入している店舗での支払い手段として使用できるという。

IOTAは、ドイツで設立された非営利団体であり、IOTA財団の使命は、IOTA Tangleを含む新しい分散元帳技術(DLT)の開発と標準化をサポートすることだ。IOTA Tangleは、モノのインターネット(IoT)環境用に特別に設計された革新的なタイプのDLTとして期待を集めている。

Zeuxは、FCAの認可を受けた金融サービス会社であり、4月には多機能アプリをローンチし、ヨーロッパでも利用可能になる予定としている。

テザー(USDT)とBTC価格の相関性|LongHash提供

仮想通貨インキュベーターLongHashが提供する下記チャートは、米ドルに準拠するステーブルコインUSDTの価格変動とBTCの価格の間に見られる相関性を示している。

LongHashは、「下図が示すように、USDTが1ドルを超えた場合、ビットコインも上向きになる傾向が高い。一方で、1ドルを下回った場合、ビットコインも下がるトレンドとなっていた。」としている。

提供:LongHash

また、今週掲載された「アルトコインのリスク・リターン」は、以下のようになる。

提供:LongHash

このチャートは、過去30日間における、時価総額上位アルトコインの投資効率を測る、最新の「シャープレシオ(リスクリターンレシオ)」を表している。

*シャープレシオは、投資のリスク(価格変動)の大きさに比べて、どれだけリターン(収益率)を得られるか”運用効率”の高さを示したものだ。

今週では「リターン率が顕著に回復しており、特に仮想通貨Crypto.comChain(CRO)が最も高いリターンを出しており、BNB(バイナンスコイン)は先週に続き、2番手であった」とある。

なお、CROは3月以降、10倍弱まで急騰し、一時20位にランクインした。

データ提供:LongHash(@longhash_jp) 

より多くのチャートを読みたい方は、こちらからLongHashの日本語公式ページへアクセスできます。

CoinPostの関連記事

2019-03-22 11:55
2019-03-22 17:07

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。

スポンサーリンク