豪新聞販売店でビットコインの購入可能に 仮想通貨取引所バイナンスが仲介サービスを展開

豪新聞販売店でビットコインの購入可能に 仮想通貨取引所バイナンスが仲介サービスを展開
新たなビットコイン仲介サービスを豪で展開へ
世界最大手仮想通貨取引所バイナンスの子会社である「Binane Lite Australia」は、オーストラリア国内にて、簡単なビットコイン購入を目的とした、新たな仲介サービスを開始したことを明らかにした。

新たなビットコイン仲介サービスを豪で展開

世界最大手仮想通貨取引所バイナンスの子会社「Binane Lite Australia」は、オーストラリア国内でビットコイン購入を目的とした、新たな仲介サービスを開始したことを明らかにした。

同サービス展開により、バイナンスの登録を行わずに、同社が提携するオーストラリア国内およそ1,300の新聞販売店を介して仮想通貨の購入が可能となるようだ。

現在、ビットコインの購入方法が複雑であり、仮想通貨市場への参入障壁が高いことが、同サービス導入の理由だとしている。

なお、新サービス「Binance Lite Australia(ベータ版)」は、国籍に関係なく、オーストラリア国内の居住者あるいは滞在者がサービス利用の対象となる。

バイナンス:最近の動向

バイナンスは先日、アルゼンチン政府と連携して、今後4年間にわたって年10のブロックチェーンプロジェクトに出資、支援していく方針を表明しており、政府がブロックチェーン関連企業を支援する歴史的な重要事例として業界内外から大きな反響が見られている。

また、同社CEOのCZ氏は、新たに法定通貨建て取引を行える仮想通貨取引所をアルゼンチンに設立する可能性を示唆している。

アルゼンチンの法定通貨建て仮想通貨取引所の実現に至れば、アフリカ ウガンダと、英ジャージー島に拠点を構える「Binance Jersey Exchange」に続き3件目の事例となり、Binanceが手がける取引所で、Ugandan Shillilng (UGX)、英ポンド(GBP)、ユーロ(EUR)以外の法定通貨建て取引の提供に至る可能性が見えてくる。

このように同社は様々なサービスを展開するなど、著しく進展を見せている。

CoinPostの関連記事

2019-03-13 09:55
2019-03-20 09:20

スポンサーリンク