弱い上昇トレンド継続のビットコイン、トレンドの方向性を探る|仮想通貨市況(クリプトキツネ)

弱い上昇トレンド継続のビットコイン、トレンドの方向性を探る|仮想通貨市況(クリプトキツネ)
弱い上昇トレンド継続のビットコイン、トレンドの方向性を探る|クリプトキツネ
OBVサポートライン内回帰、反発確認をしたビットコインは、ロング玉とショート玉双方を焼くような激しい動きを見せた後上昇に向かい、現在は今後のトレンドの方向性を探るような値動きとなっている。

BitfinexのBTCUSD4時間足チャートでの値動き

前回記事以降、値動きは一旦下落に向かいその後上昇。チャネルライン外でヒゲをつけて再度下落し、現在はチャネル内で再び推移している。

まずは、OBVから確認してみることにする。

ここ二週間の動き

前回記事時点で、OBVは1月19日13:00から続くサポートライン上に回帰したことをお伝えした。この一週間のチャートを確認すると、13日13:00に「OBVのサポートライン」を再び試した後、OBVは反発上昇している。しかし、値動きが追いつくのは少々時間が経過してからであった。

特に14日21時付近の「足の長い陽コマ」では騙しを含んだ値動きをしており、ロング玉、ショート玉双方を一気に消化する激しい値動きであった。ただし、OBVのトレンドラインをそこでは割っておらず、200日単純移動平均線を踏み上げることで最終的には値動きの上昇に結実したと推測される。

MACDとRSIを確認してみると、MACDは順行しており、特にダイバージェンスも観測できない。RSIは50ラインより上に推移していることから、現状需給から見ると上昇トレンドは継続していると考えるのが妥当である。

OBVやMACD、RSIの基本的な解説については前回記事をご参考にいただきたい。

来週の展望

上昇トレンド継続の場合

RSIが50ライン以上で推移していることと、MACDがダイバージェンスを示していないことから、上昇トレンドが継続する場合を想定すると、前回同様、中期的に見て直近高値である4280ドル(462800円)がターゲットになる。値動きがこの付近まで上げてきている際にMACDのダイバージェンスが観測された場合は、安易なロングは非常に危険である。

逆に、MACDダイバージェンスを伴うことなく上昇を継続している場合は、健全な上昇トレンド継続の可能性が高く、ショートポジションを極力持たないことも必要になるであろう。

下降トレンド発生の場合

下落の目安として、200日SMAと4時間上位上昇雲(8倍設定)のフラット底とチャネルライン下限に当たる3844.2ドル(41万4000円付近)がまずターゲットになりうる。

雲のフラット底は、フィボナッチリトレースメント0.5にも一致し、2月8日から継続する上げの半値戻しに相当する。このレートを試すときに、OBVが既存のトレンドラインで反発するかが焦点になるだろう。

この価格帯を試しているときに、トレンドラインからOBVが依然として乖離していた場合は、さらに底を掘る可能性を考えなければならない。

4時間上位上昇雲(8倍設定)

一目均衡表の雲で、先行スパン1が先行スパン2より下にある状態で形成されるものが上位雲である。スクリプトを用い、4時間足チャート上に8倍設定、つまり32時間足に相当する雲を表示させたものを「4時間上位雲」と筆者は呼称している。

総括

上昇トレンド継続の場合は、新値更新もありうる。

下降トレンド開始の場合は上述した通り、200SMAおよびOBVのサポートラインが焦点になるであろう。

トレードを行う際は、自身の資金管理に基づいたロスカットラインを設定した上で、今後の値動きを追っていただきたい。

Twitter:(@crypto_kitsune

CoinPostの関連記事

2018-12-30 11:58
2019-02-25 16:50
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名を突破しました。

スポンサーリンク