ビットコインは上下共に警戒感、翌週控える米国発の「好ファンダ」とは|仮想通貨市況

ビットコインは上下共に警戒感、翌週控える米国発の「好ファンダ」とは|仮想通貨市況
仮想通貨市場

●ビットコインの上値を重くしている複数の抵抗帯と、米国で控える好材料

●バイナンスコインが前日比+19%まで急騰した理由

●中国四川省などで期待される「膨大な過剰電力」がもたらす影響は?

金融市場と仮想通貨

2019年3月4日(月)の国際金融市場の値動きは、以下の通り。

日付 NYダウ 日経平均 BTC価格
2/27(水) 26,057ドル(-33) 21,556円(+107) 42.1万円
2/28(木) 25,985ドル(-72) 21,385円(-171) 42.5万円
3/1(金) 25,916ドル(-69) 21,602円(+217) 42.6万円
3/4(月) 26,026ドル(+110) 21,822円(+219) 41.5万円
3/5(火) 25,891ドル(-206) 21,726円(-95) 41.6万円

本日の東京株式市場は、直近上昇していた過熱感の中で、利益確定売りが先行した。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株も、直近で上昇していた反動で、SBIホールディングス(8473)が2.38%安、マネックスグループ(8698)が-3.68%安と反落している。

2018-03-10 20:30

ビットコインテクニカル分析

ビットコインは、レンジ下限を底抜けるかのような動きもあったが粘りを見せ、サポートライン上に回帰する動きを見せている。上下共に警戒感が強まっている状況だ。

フィボラインが最も効いている海外取引所のBITFINEXで、4500ドルを割り込んだ昨年12月からトレンドラインを引き直すと、以下のようになる。

拡大すると以下の通りだ。

4時間足の”雲”が分厚く、上値を阻まれているようにも見受けられる。現市場は再び下目線が増加傾向にあり、短期的な上昇・下落余地は、共に140ドル(15,000円)程度あるものと考えられる。

中国マイナーが今夏に事業再開か

今シーズン中に、中国南西部の四川省と雲南省の州で、何百もの水力発電所によって「膨大な過剰電力」が発生すると予想されており、ビットコインマイナーの電力コストの原資となる可能性が高い。

四川省成都市に本社を置くHashageによれば、通常1kWhあたり0.052ドル(5.82円)のところ、夏季は1kWhあたり0.037ドル(4.14円)になることが見込まれているという。

地元の水力発電所の正確な電気代は3月末まで確定できないが、ビットメイン社の「AntMiner S9」は、1日あたり約30kWhを消費するため、0.01中国人民元(0.0015ドル)の差もバカにならない。

マシン1台あたり、1日0.045ドル(5円)を節約できることを意味しており、マイニングマシン10,000台を動かす大手マイナーの場合、1日あたり450ドル(5万円)、1ヶ月13,500ドル(150万円)ほどの差を生み出す試算になる。

2018年は、ビットコインマイニングにおけるハッシュレートの中・長期的な上昇など競争率が高まる中で、ビットコイン価格の大幅下落に伴い「損益分岐点」を軒並み割り込むなど、マイニング関連企業の多くが、倒産や撤退の危機に瀕していた。

マイニング機器の性能向上による省エネ化、マイニング企業自体が、電力の安価な地域に移転するなど対策を行っていたが、季節的な恩恵により、稼働停止中の中国マイナーが再稼働に至ることが期待される。

仮想通貨マイニングの効率化が極端に進むことで、個人など小規模のマイナーが淘汰され、大手によるさらなる寡占化が進んでいってしまうことも危惧される中、仮想通貨業界にとっても好都合と言える。

米ニューヨークの仮想通貨取引所、機関投資家対象のBTC現物取引の提供へ

仮想通貨取引所LGO Marketsは、来週、機関投資家のみを対象としたビットコインの現物取引を提供することが判明した。

資産保有に第三者機関を入れる点や、株式などと同様に、約定・清算・決済などに関わるすべての取引プロセスがそれぞれ別々の機関によって処理される仕組みを取ることで、これまでの仮想通貨取引所とは、全く異なるプラットフォームを提供する。

その仕組みから、仮想通貨取引に係る基準を「証券レベル」まで押し上げたものであるとの見方も出ている。

フィデリティやBakktを提供するインターコンチネンタル取引所(ICE)と、機関投資家向け仮想通貨サービスに匹敵するレベルのものであり、すでに取引開始日が近いことがわかっていることから、重要ファンダとなり得るニュースだと言える。

2019-03-05 07:00

バイナンスコインBNBが高騰、CZ氏のAMAと3月のローンチパッド

仮想通貨取引所の独自の仮想通貨BNBは、冴えない値動きの時価総額トップ10銘柄において、最も高い上昇率(前日比19%)を見せている。

先日より、9位だったTRX(トロン)と8位だったXLM(ステラ)を凌いで、8位のポジションに着いた。

また、BTC建てでの最高記録を更新し、0.00358を記録しながら、13ドルの水準で推移している。

出典:

高騰の背景として、バイナンスチェーンと独自の分散型取引所Binance DEXの進捗状況のみならず、本日AMAを行なったCZ氏は、Binanceの上場廃止基準やトークンセールの【ローンチパッド】事業計画など、ユーザーに向けて透明性の高い内容を明らかにしていることにより、バイナンスおよびBNBに対する信頼の高まりが見られた。

また、先月行われたFETのトークンセールがわずか20秒で完売したことや、1月に行われたBTTのセールから、バイナンスで開催されるICO(あるいはIEO)に対する需要が再来しつつあると考えられ、本日バイナンスは、正式に3月分のトークンセールのプロジェクトおよび詳細を発表した。

今回のプロジェクトは、『Celer Network』というブロックチェーンにおけるセカンドレイヤーのスケーリングプラットフォームであり、トークンセールの開始日は、3月19日に予定されている。

  • セールの時間:日本時間3月19日23時〜3月24日23時
  • トークン名:CELR
  • ローンチパッドでの販売数:597,014,925 CELR
  • トークンの価格:1 CELR = 0.0067 USD(約0.75円)
  • 個人の購入上限:1,500 USD(約16万7900円)
  • 購入利用通貨:BNB

CoinPostの関連記事

2019-03-05 12:39
2019-03-05 17:00
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名を突破しました。

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。

スポンサーリンク