年間6600億円の国際送金行う米企業Remitly、リップル社のブロックチェーン技術に関心示す

年間6600億円の国際送金行う米企業Remitly、リップル社のブロックチェーン技術に関心示す
Remitly、リップル国際送金に大いなる関心を寄せる
年間送金額60億ドル(約6600億円)を誇る国際送金企業Remitly社のCEOであるMatthew Oppenheimer氏が、リップル社の国際送金技術に大きな関心を寄せている事を明らかにした。

リップル社の送金技術に関心示す大手送金企業

国際送金サービス額年間60億ドル(約6600億円)の米ユニコーン企業RemitlyのCEO、Matthew Oppenheimer氏が、リップルを利用した国際送金に大きな関心を寄せている。

私は今、我々の様な金融機関がコストカットの為にどうやってブロックチェーン技術を取り込んで行けるかを摸索しているところです。そうすればユーザーにとっても送金手数料は安くなるし、ACH(Automated Clearing House の略。安価で送金出来るが時間がかかる。)よりも送金スピードが速くなる。

リップル国際送金を導入する銀行

ここ最近、各国の銀行がぞくぞくとリップルを利用した国際送金サービス導入を発表している。

アジア最大の銀行CIMBグループがRippleネットワークの導入を発表、また、ロンドンを拠点とする輸出入企業に金融サービスを提供することを主眼とするEuro Exim Bankもクロスボーダー決済に、XRPを使用していることを公表している。

CoinPostの関連記事

2019-02-14 12:03
2019-02-13 09:44
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。

スポンサーリンク