「Microsoft Store」から8つの違法仮想通貨マイニングアプリが削除|ソフトウェア会社が発見

「Microsoft Store」から8つの違法仮想通貨マイニングアプリが削除|ソフトウェア会社が発見
「Microsoft Store」から違法仮想通貨マイニングアプリが削除
ソフトウェア会社Symantecは先日違法の可能性が高い8つの仮想通貨マイニングアプリをマイクロソフト社へ報告し、「Microsoft Store」からその全てが削除されたことを15日に明かした。

「Microsoft Store」から違法仮想通貨マイニングアプリが削除

「Microsoft Store」で、合計8つの違法仮想通貨マイニングアプリが見つかり、削除に至った。

それらのアプリから不正でマイニングしていた問題を発見し、マイクロソフト社に知らせたのはソフトウェア会社のSymantec社で、15日の公式ブログではそのようなアプリへの注意喚起をしている。

同社によると、それらのアプリはWindows 10やWindows 10 S Modeでも作動が確認されたという。

それらは、バッテリー最適化、ウェブサーチ、ウェブブラウジング、ビデオ視聴やダウンロードアプリといった種類のものであった。

以下が、今回削除の対象となった8つのアプリである。

出典:Symantec

さらに、Symantec社これら8つのアプリには仮想通貨モネロの無断マイニングのプログラムCoinhive(コインハイブ)が埋め込められたことを明かし、同ブログで以下のようにアプリ調査の結論を示した。

厳密な調査を行なった結果、この8つのアプリは、「DigiDream」、「1clean」 そして「Findoo」という3人の開発者によるものと判明したが、これらが同一人物もしくは同一グループである可能性が極めて高い。

コインハイブに関する裁判の詳しい記事はこちら

2019-01-07 15:30

一見、普通のアプリであるが、気付かぬうちにリソースを供給しマイニングをさせられることとなる。そのようなこともあるので怪しいアプリには注意が必要である。

CoinPostの関連記事

2019-02-04 11:52
2019-02-06 09:47

スポンサーリンク