仮想通貨ライトコイン、時価総額4位ランクイン|ライトニングネットワークと新匿名技術の導入に注目

仮想通貨ライトコイン、時価総額4位ランクイン|ライトニングネットワークと新匿名技術の導入に注目
ライトコイン、二つの好ファンダ、時価総額4位へ
昨日から高騰を高騰を見せているライトコイン、新たな匿名機能の導入発表に続き、高速決済システムの利用が4000店舗以上に拡大されることも明らかに。
ライトニング・ネットワークとは
日常的な細々とした支払い/決済(マイクロペイメント)を、ビットコイン(ライトコインも可能)を使ってより手軽に行えることを目的とした、ビットコインのセカンドレイヤーで機能するオープンソースプロトコル。2015年に研究者のタデウス・ドライジャ氏とジョセフ・プーン氏が発案し、ホワイトペーパーで公表した。

CoinPost:仮想通貨用語集

ライトコイン、二つの好ファンダ、時価総額4位へ

ブロックチェーン技術を利用した決済システム導入のサービスに取り組むCoinGate社は、仮想通貨ライトコインのライトニングネットワーク(LN)を利用した決済システムを、加盟企業4,500社を対象に、導入可能体制が整ったことを8日ツイッター上で伝えた。

ライトコイン財団も、このことについて報告している。

ライトコインは初めて、2017年5月にライトニング・ネットワークの導入により、マイクロペイメントが1秒もかからずに行われたことがあり、昨年の9月、Coingate社は自社の決済プラットフォームを利用する約4,000の事業者に対し、ライトニングネットワークを利用した決済サービスの提供を開始した。

そして7日には、ライトコイン財団は、ライトコインの拡張ブロックを通して、匿名機能のMimbleWimbleを実装するプロセスに厳密な匿名性を持つBEAMの開発側が援助を行うことを公式発表した。

これにより、通常のライトコインからMimblewimble搭載のバージョンへ、またその逆も可能となっており、ライトコインに匿名性と「お金」の持つ性質の一つであるFungibility(代替可能性)を加えることが可能となる。

上記二つのポジティブな要素を受け、昨日からLTC価格は高騰し始め、時価総額順位10の中では最も高い上昇率(執筆時28.89%)を見せており、時価総額4位にランクインした。今後ライトコインの動向に注視が必要だろう。

出典:coinmarketcap

CoinPostの関連記事

2019-02-09 12:26
2019-02-08 20:30
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。

スポンサーリンク