ネム財団を倒産危機から救おうとする新社長、来月コミュニティへ約8億円の出資リクエスト|2019年の新しいロードマップも

ネム財団を倒産危機から救おうとする新社長、来月コミュニティへ約8億円の出資リクエスト|2019年の新しいロードマップも
ネム財団は新たな道を歩むか
ネム財団の新社長Alex Tinsman氏はCoindeskの取材に応じて、同財団は倒産の危機から救うために、ネムのコミュニティファンドへ、1億6000万の仮想通貨ネム(約750万ドル)をリクエストすることを計画していると明かした。財団の財政を改善するために同社長は今年から様々な措置を取る格好だ。

ネム財団は新たな道を歩むか

米仮想通貨メディアCoindeskの報道によると、非営利の仮想通貨ネム財団は、予算を削減し、企業の内部調整を行うために、スタッフから解雇を行う模様だ。

日本時間木曜日、新たな社長Alex Tinsman氏はCoindeskの取材に応じて、同財団は倒産の危機から団体を救うために、ネムのコミュニティファンドへ、1億6000万の仮想通貨ネム(約750万ドル)をリクエストすることを計画しているという。

Tinsman社長はCoindesk
に対して、このように話した。

以前のマネージメントチームの管理不行き届きを受けた結果、実際、現在の財政状況だと、1ヶ月ほどしか持たない。

また、2月には、財団の202名の会員は出資リクエストに関する投票を行う予定で、解雇の人数はコミュニティの出資承認の結果によって、定められる。

予算を削減する主な理由として、前社長のWong氏は2017年12月〜2019年1月の間で約8000万ネムをマーケッティグに当てていたが、ネムブロックチェーンのエンジンソフトウェア「Catapult」は未だ完成していないため、現在の社長Tinsman氏はその費用が無駄だと指摘し、宣伝費用を大幅に引き下げている。

さらに、同報道では、ネムのデベロッパーの1人である前社長のWong氏は、ネム以外にも怪しげなICOを宣伝したため、ネムコミュニティでは評判が悪くなったことや、ネムのブロックチェーンを開発するデベロッパーが「日本以外では非常に少ない」ことなど、ネムは様々な課題が残っている現状に置かれていると話した。

新社長、新政策

今年の1月にコミュニティによって選ばれたTinsman社長は、2019年のネム財団に新たなロードマップを展開しようとし、ネムのエコシステムの促進をよりオープンソース的に行わせるために具体的な予算を分配するなどの措置を取るようだ。

また、Tinsmans社長は、2019には、エンタープライズにおけるトレーニングやアフィリエイトのマーケッティングなどのネム財団の活動をマネタイズし、コミュニティによるファンディングに対する頼りを緩和する予定だとしている。

「倒産の瀬戸際にある」と一部では称されるネム財団だが、Tinsmans社長のリーダーシップの下で良い方向へ転じる可能性も高いだろう。

CoinPostの関連記事

2019-01-09 12:11
2018-12-16 07:45
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

スポンサーリンク