英Mercury FX、仮想通貨XRP(リップル)を利用する「xRapid」で数百万ドルの送金実験を予定

英Mercury FX、仮想通貨XRP(リップル)を利用する「xRapid」で数百万ドルの送金実験を予定
リップルネット参入企業がxRapidを利用した巨額送金を予定
英Mercury FXは、百万ドル以上の資金をRipple社の送金ソリューションであるxRapidを使用して他国に送金する予定であることをHPにて明かした。xRapidの採用で仮想通貨XRPの実需が注目される中で、具体的な金額を明示した発表が行われた。
xRapidの利用企業は13社にも
Ripple社は昨年10月に商用向けのxRapidをリリースした。現在、Mercury FXを含めた13社がこの技術の利用を計画していると述べている。13社の中には金融機関の他、Bitstamp、Bittrexなどの大手取引所も名を連ねている。

リップルネット参入企業がxRapidを利用した巨額送金を予定

外貨為替送金サービスを提供するMercury FXは、百万ドル以上の資金をRipple社の送金ソリューションであるxRapid(XRPを利用する送金ソリューション)を使用して他国に送金する予定であることを同社HPにて明かした。

XRPの実需面で、xRapidの導入が進む動きは見られていたが、具体的な金額を明示した動きとして大きな注目が集まっている。

なお、同社は日本時間の18日にも、XRPを利用してイギリスからメキシコへ3521.67GBP(約50万円)の送金を行なったことを報告していた。

この送金は、従来の送金で要する時間、手数料をxRapidの技術によって大幅に削減したことを実証した一例となり、Ripple社からも大きな賞賛を受けた。

xRapidとは

国際における送金決済の流動性を向上させながら、仲介手数料などの費用を最大限に削減したい送金業者等を対象に、法定通貨をXRPに換金してから送金し、送金先のユーザーが利用する法定通貨に両替する金融サービス商品で、SBIVCなどを含む仮想通貨取引所を運営する企業や、初の銀行からの利用発表も相次いでいる。

xRapidの利用企業は13社にも

同社はxRpapidを利用するメリットについて、自社HPで以下のような見解を示している。

仮想通貨やブロックチェーン技術を脅威と位置づけず、我々はこの技術を支持し、応用に活かすべく最善の策を取るつもりだ。

ブロックチェーン技術の地盤がより強固なものとなることで、今までの国際送金の標準であったSWIFTネットワークがよりよい技術に取って代わられることを信じている。試験運用が終了次第、我々は百万ドルを超える額の送金を行うつもりだ

さらに同社は現在計画中であるメキシコ・フィリピン間の送金実験についても言及。

Mercuryでは現在、Rippleのネットワークを使ってメキシコとフィリピン間で送金実験を行うことを考えている。

我々の実験では、未開の市場をグローバル経済の最前線に結びつけることができるポテンシャルを示すつもりである。

続いて、同社はxRapidを世界に普及させることの社会的意義についても述べている。

多くの人々に国際市場へのアクセスを提供することで新たな市場価値を創出したい。そして、より多くの人々が世界の金融市場で取引を開始することで、彼らは自国の商品やサービスをより収益化に結びつけることができるようになるだろう。

低コストな送金を提供し、さらに新興市場に経済的な利益をもたらす機会を創出するため、xRapidの普及は貧困を緩和させる可能性を秘めているとも言えるだろう。

Ripple社は昨年10月に商用向けのxRapidをリリースした。Ripple社の公式発表によると、現在Mercury FXを含めた13社がこの技術を利用しているとのことだ。

13社の中には金融機関の他、Bitstamp、Bittrexなどの大手取引所も名を連ねている。また、上記の13社以外にも、SBI Virtual Currenciesをはじめとする様々な金融機関、取引所がxRapidの導入を予定している。

CoinPostの関連記事

2019-01-18 11:07
2018-09-25 20:45
CLOSE
CLOSE