2019年仮想通貨・ビットコインの展望|バイナンスのCZ氏や米名門大教授など専門家が見解を語る

2019年仮想通貨・ビットコインの展望|バイナンスのCZ氏や米名門大教授など専門家が見解を語る
2019年のビットコイン業界の動向とは:各専門家の見解
低迷期が続いている仮想通貨だが、2019年の仮想通貨業界において様々な予想が飛び交っており、強気予想から懐疑的な意見まで数多く存在する。そこで2019年業界の動向がどうなっていくのか、複数の専門家のコメントをこの記事でまとめている。

各専門家が語る2019年の仮想通貨業界の動向

2017年12月に最高価格である220万円まで高騰したビットコイン。しかし2018年末には30万円台まで落ち込んだなど、低迷期が続いているビットコイン。2019年は果たしてどんな年になるだろうか?ある方面ではビットコインは2000万を超えると豪語する専門家もいれば、ビットコインそのもの価値が全くなくなると両極端の意見も存在する。

様々な憶測や予想が飛び交う中、2019年のビットコイン・仮想通貨市場がどのような動向を見せるのかこの記事では様々な意見を取り入れた各専門家のコメントをまとめている。

著名カリフォルニア教授の見解

カリフォルニア大学のScott Galloway教授によると、2019年の仮想市場は決して明るくないようだ。Galloway教授は仮想市場、VR(Virtual Reality)産業、AR(Augment Reality)/AI(Artificial Intelligence) 産業のような急速に成長を遂げているマーケットには必ずサイクルが存在すると指摘。

2018年以降、下落トレンドを続けている仮想通貨市場は下落トレンドのサイクルから脱出はしておらず、2018年の低迷から2019年は更に悪化することになるだろうと述べた。

その理由の一つに仮想通貨の市場は様々な業界や時事(ニュース)からの影響を受けてないことと、デジタル資産の価値が短期的なファンダメンタルよりも主にセンチメンタルな事情によって変動していることを挙げている。それは仮想通貨の市場が短期から中期的な投資にシフトすることを妨げており、結果、投資家が本格的に参入することが出来ないでいる。

実際にGalloway教授の見解は決して珍しいものではなく、リップルやステラの共同創業者として知られるJed McCaleb氏もYahoo Financeのインタビューで『90%以上の仮想通貨はゴミ』と辛辣な発言をするほど仮想通貨市場に明るい将来がない見解を示している。

Scher氏、Berwick氏、CZ氏の見解

一方で、2019年の仮想通貨市場に関して明るい将来を述べている著名人もいる。

米大手仮想通貨関連企業Digital Currency Group(DCG)投資部門のトップを務めるTravis Scher氏は、2019年の仮想市場はウォール街やその他の投資産業の参入によって市場はより活性化する、と述べている。

仮想通貨メディアEthereum World NewsのJeff Berwick氏も多くの金融機関が取引の際に従来のフィアット(法定通貨)システムよりも仮想通貨のプラットフォームに価値を見出すのであれば、莫大な資金が流れ込むことは必至で仮想通貨の市場は爆発的に上昇するであろうと述べている。

また同氏はビットコインETF承認や、NasdaqのCrypto2.0の未来など、ウォール街が参入しやすくなるプラットフォームが実現すれば『仮想通貨市場の流れは一変することになる』とも述べている。

世界取引高No.1のバイナンス取引所のCEOであるCZ氏も6度目のBNB通貨をバーンした際に2019年の仮想通貨市場の動向についてコメントしている。

私はここ最近の市場の動きについてあまり心配はしていない。なぜなら市場は常に過剰反応をするからです。昨年の同じ頃、市場はポジティブな面で過度に反応しすぎた。今年は誰にもわからないだろう。しかしわかっていることもある。それは長期的に見たときにBUIDLers(開発者)が必ず勝つことだ。

強気市場と弱気市場の中で日々、常に価値を見出そうと一生懸命努力している人たちこそが最終的に勝つことが出来るのだ。我々の視点は常に長期的に見た先にあるもの。

David Vorick氏の見解

クラウドストレージ『SIA』の共同創業者兼CEOでもあるDavid Vorick氏によれば、2019年は仮想通貨そのものが困難を迎えることになる、と述べている。
その理由は先日にEthereum Classicでも被害を被った『51%攻撃』としている。
同氏によれば、ほとんどの仮想通貨にはIncentive Compatible(誘因両立性)が欠けており、それが51%攻撃を受ける根本的な弱点になると述べている。

幸いにもビットコインにはIncentive Compatibleがプロトコルとして備わっているが、その他大勢のアルトコインは当初こそ備わっていても、やがて何らかの仕様変更でIncentive Compatibleが損なわれてしまうようだ。

複数の仮想通貨が同じPoW(Proof of Work)のアルゴリズムを共有してる場合、同じハードウェア(そのハードウェアが特殊な場合でも)が仮想通貨のいずれかを標的にすることができ、これによってASIC抵抗と同じ方法でIncentive Compatibleが損なわれる。

Vorick氏は51%攻撃への対策がしっかりと提示されないかぎりは、これらの攻撃により仮想通貨の市場に悪い影響を与えると懸念している。

VanEckのGurbacs氏、3つの予想

現在ビットコインETFを申請中の大手ETF投資企業Van Eck社のデジタル資産部門トップのGabor Gurbacs氏はナスダックのTrade Talksに出演、2019年に対する展望を語った。

Gurbacs氏は2019年の仮想通貨・デジタル通貨市場は着実に進展するだろう」と述べながら、業界に関する主な見込みを取り上げた。

  • 市場監視技術の発達
  • 仮想通貨・ブロックチェーン関連企業の買収・売却
  • G20加盟国による仮想通貨導入(中央銀行発行のデジタル通貨等)

また、Gurbacs氏は決済手段として利用される仮想通貨の重要性を強調した。

仮想通貨が決済手段として機能しない場合、意義がなくなるだろう。

今後、デジタル通貨やそれを活用する企業には、どんな明るい将来が到来するか楽しみだ。

以上のように様々な意見が飛び交う仮想通貨業界だが、良い意味でも悪い意味でも市場がこのままでは決して終わらないと言えるだろう。

BinanceのCZ氏が言うように、2019年の市場がどうなっていくのか、それは誰にもわからない。しかしビットコインを始め仮想通貨は年々開発が進み、我々の暮らしの様々な分野で実用化されつつある。2019年はまだ始まったばかりだが、仮想通貨の市場がこれからどのような展開を迎えていくのか、今年も興味深い年となることは間違いないであろう。

CoinPostの関連記事

2019-01-16 07:43
2019-01-17 16:56
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

スポンサーリンク