仮想通貨取引所ErisXの役員会にイーサリアムの共同創設者が新たに加える

仮想通貨取引所ErisXの役員会にイーサリアムの共同創設者が新たに加える
仮想通貨取引所ErisX、イーサリアムの共同創設者が役員として加わる
仮想通貨の現物と先物提供を目指す取引所ErisXが、イーサリアムの共同創設者であるJoseph Lubin氏を役員として新たに迎えたことが、日本時間で18日早朝に報じられた。同社は、昨年のシリーズB投資ラウンドで総額27.5億ドル(約31億円)相当の資金を調達している。

仮想通貨取引所ErisX、イーサリアムの共同創設者Joe Lubin氏を役員会に加入

仮想通貨の現物と先物提供を目指す仮想通貨取引所ErisXが、イーサリアムの共同創設者であるJoseph Lubin氏を新たな役員メンバーとして迎えたことが、日本時間で18日早朝に米経済紙Forbesによって報じられた。

役員会への加入を受けてLubin氏は、

自分のブロックチェーン技術に関する経験をErisXに生かし、デジタル・アセットへの利用機会の民主化を更に推進していくことを楽しみにしている。

と、コメントした。

ErisXは、米CFTCの規制に準拠した仮想通貨商品取引所の発足を目指しており、シリーズB投資ラウンドでは総額27.5億ドル(約31億円)相当の資金を大手企業21社から調達している。

調達された資金についてCEOのThomas Chippas氏は、

ErisXは最も強靭で、安心、そして規制された仮想通貨商品を企業及び個人に提供していくために利用する。

と、述べている。その第一歩が、今回のLubin氏の役員会への加入である。

ErisXは2019年第2Q中に取引所を開始し、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインの取引が可能になる予定である。

CoinPostの関連記事

2018-12-05 09:20
2019-01-07 12:35
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

CLOSE
CLOSE