Cryptopiaハッキング事件で不正流出した一部の仮想通貨をバイナンスが凍結

バイナンスがハッキングで流出した一部の仮想通貨を凍結
Cryptopiaの不正流出事件に新たな展開、バイナンスによる凍結
仮想通貨取引所BinanceのCZ氏は、Cryptopiaの不正流出事件後にバイナンスへ送金された複数の仮想通貨銘柄を凍結したことを発表した。

Cryptopiaの不正流出事件に新たな展開

ニュージーランド発の仮想通貨取引所Cryptopiaは15日、公式ツイッターでセキュリティ被害を受け、仮想通貨の重大な損失を被ったと明らかになっていたが、同事件に関する進展がみられた。

日本時間16日夜、世界取引高No.1の取引所バイナンスのCEOが、SNS上に挙げられた複数の入金アドレスを確認し、ハッカーの資金と見られる流出通貨を同取引所内で凍結したことが明かした。

Cryptopiaの資産流出はハッキングの可能性が高いと見られており、流出した仮想通貨をトラッキングした海外メディアなどを中心に、流出資産がバイナンスやクラーケンへ送金されていることが指摘されていた。

また、Cryptopiaによる公式発表はまだ出されていないものの、現地メディアStaffが16日の時点で、流出資産をトラッキング・分析した上で推定された被害通貨と被害額に関して以下の様に報じた。

        

  • イーサリアム(ETH):約19000ETH(240万USD相当)
  • セントラリティ(CENNZ):約4800万CENNZ(120万USD相当)
  • Binanceは入金された一部の盗難された仮想通貨を凍結

    今回盗難されたと見られているETH以外の複数銘柄のERC-20トークンも、イーサリアムのブロックチェーンデータサイトetherscan.io
    のトラッキング経由から、取引所バイナンスへ送金された形跡があったようだ。

    出典:etherscan.io

    その時点では可能性の範囲であったものの、SNS上では過去に流出資産の対応を行なっていたBinanceのCEO CZ氏に対して、50,000KNCや、MGO、ENJなどのトークンの入金形跡を検査してみるように要請する動きが見られていた。

    この時に分散送金されていた流出資産の行方として、バイナンス以外に取引所CoinExchange.ioへ153,000,000のDentacoin通貨も送られている事を指摘する内容も見られている。

    これらの要請に答えるように、CZ氏は一部の通貨を凍結したと報告、ハッカーの資金移動の悠長さを指摘した。

    ただいまアドレスをチェックした。我々は一部の通貨を凍結することができた。

    不可解なのは、なぜハッカーは盗難した通貨をバイナンスに送ってくるのか。

    ソーチャルメディアの報告が上がれば、我々はそれを凍結するのに、犯人にとってはリスクの高い逃走手段ではないのか。

    また、CZ氏は新規アドレスの生成や、アドレスの分析、盗難資金の入金に関して以下のようにコメントをしている。

    新しいアドレスを生成すること自体はとても容易であるが、我々としてトランザクション一つ一つを分別することには、見落とすこともあるがろう。

    しかし、Binanceはブロックチェーンを綿密に分析することはできるため、他に何か追跡方法の提案があればぜひ教えてほしい。

    なお、事件がいち早く解決できるように、我々は警察側にも協力する。

    具体的にバイナンスがどの通貨を凍結したかは判明できないが、Cryptopiaのセキュリティ侵入事件にも日に日に、状況解明に動いているといえるだろう。

    Cryptopiaの仮想通貨不正流出事件に関するこれまでの記事内容はこちら

    2019-01-16 11:50

    CoinPostの関連記事

    2019-01-15 18:40
    2019-01-16 08:22
    CoinPostのLINE@

    スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

    スポンサーリンク