【速報】仮想通貨イーサリアムの大型アップデートが延期 リエントランシー攻撃への脆弱性発覚で

【速報】仮想通貨イーサリアムの大型アップデートが延期 リエントランシー攻撃への脆弱性発覚で
イーサリアム大型アップデート、脆弱性の指摘受け延期が決定
日本時間17日午後1時頃に予定されていたイーサリアムの大型アップデート、コンスタンティノープルにおけるリエントリー攻撃への脆弱性が監査機関ChainSecurity社の指摘で発覚した。これを受け、イーサリアム財団はアップデートの延期を発表、Geth・Parity最新版へのアップデートを促した。

イーサリアムの大型アップデート、延期が決定

本日午前7時前後、イーサリアム財団が今週17日に予定されていた大型アップデート、コンスタンティノープルにおける脆弱性が発覚したため、延期を発表した。

具体的な脆弱性として挙げられたリエントリー攻撃が、スマートコントラクト監査団体のChainSecurityの公開した「コンスタンティノープルはリエントリー攻撃を可能にする」と題されたブログ投稿内で指摘され、発覚した

出典:ChainSecurity

今週17日に予定されていたアップデート「EIP1283」で、以前のイーサリアムより低いガス(取引手数料)が実現した事や追加される新たなスマートコントラクトのコードが今回の脆弱性の主な理由として挙げられている。なお、これらの脆弱性は、まだアップデートが行われていない現時点において未だ適用されていないため、問題かする心配はない。

ChainSecurity社の脆弱性に関する指摘を受けイーサリアム財団は急遽日本時間17日、予定されていたアップデートの延期を発表した。

出典:ethereum.org

延期をする上での対応としては、アップデート実行ブロックとして設定されていたブロック数7,080,000到達前に、ノード運営者(取引所、マイナー、ウォレットサービス提供者、等)がGeth、又はParityの最新版へアップデートするようを促している。

なおイーサリアム保有者は、アップデート延期に際して何もする必要はなく、最新の情報の更新を待つこととなる。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

CoinPostの関連記事

2019-01-05 17:03
2019-01-11 12:06
CLOSE
CLOSE