ビットコイン価格が乱高下 相場の下落要因を3つの最新ニュースから考察|仮想通貨朝市況

ビットコインが価格乱高下 相場の下落要因を3つの最新ニュースから考察|仮想通貨市況
仮想通貨市況
ビットコインが断続的に値幅の大きい相場変動が起きている流れを引き継ぎ、日本時間5時30分付近で急落した。発表された下落要因になり得るニュースの最新状況を追った。

マーケット情報

1月16日の仮想通貨マーケット情報

ビットコイン

8時時点のデータは以下の通り。

BTC価格(16日8時)
価格 前日比
現在値 389501円 2.11%安
24h高値 399,733円
24h安値 386,501円
出来高 5996億円 -0.21%%

16日の仮想通貨市場は、ビットコインが断続的に値幅の大きい相場変動が起きている流れを引き継ぎ、日本時間5時30分付近で急落、bitFlyerでは前日比2.1%安の約39万円付近で推移している。

アルトコインもビットコインの下落につられ全面安に、イーサリアムは6%安と他の通貨と比較して高い下落率を記録した。

出典:CoinMarketCap

また、ビットコインの下落が続き、年初来安値付近に近づいてきたことで、7日前平均でも10%安を超え、ボラティリティが高かったイーサリアムとビットコインキャッシュは20%安に到達している。

なぜ下落したのか?

昨日から投資家心理を悪化させた要因が重なったことや、日本時間17日午後1時頃に控えていたイーサリアムアップデートの延期報道である可能性が高いと言えるだろう。

下落要因を考察

今回は最新の下落要因を3つのニュースから追った。

イーサリアムの大型アップデートが延期

今回の主な下落要因となるのは、イーサリアム財団が実行ブロック7,080,000に設定していた大型アップデート「コンスタンティノープル」の延期を発表したことが挙げられる。

「コンスタンティノープル」の実行日時が直近(ほぼ1日後)に迫っていた16日、スマートコントラクト監査団体のChainSecurityの調査によってリエントリー攻撃の脆弱性が指摘、このまま最新アップデートを行なった場合、脆弱性をつく攻撃により、ETHが盗まれる危険性が浮上した。

出典:ChainSecurity

相場への影響を見ていくと、イーサリアムの目先材料が延期したことだけでなく、期待感が高まっていた状況を背景にイーサリアムの大型アップデートに脆弱性が見つかったことで、発表後大きく売られる形で前日比6%安まで急落した。

また、ビットコインのチャートとイーサリアムのチャート(Coinbase USD建 1分足)でチャート比較を行った結果、ビットコインの下落前にイーサリアムが大きく下落していることが明らかになった。複合的な要因はあるものの、本日の仮想通貨市場の下落に直接的な影響を及ぼしたのは、イーサリアムアップデートの延期報道であること可能性が高いといえるだろう。

メインチャートBTCUSD(Coinbase)、青チャートETHUSD(Coinbase)

投資家心理を悪化 2つの動き

直接的な要因は、目先材料として控えていたイーサリアムのアップデート延期ではあったものの、昨日より報道されたニュースとその最新状況も投資家心理を悪化させていた要因に挙げられる。

海外仮想通貨取引所「Cryptopia」でハッキング被害の可能性と最新状況

仮想通貨取引所「Cryptopia」は15日、公式SNSアカウントで、「14日にセキュリティ被害を受けた」とする声明を公式ツイッターで発表、「セキュリティ被害(Security Breach)」という表現を用いたものの、重大な損失」を被ったという文章から、ハッキング被害の可能性が浮上した。

昨日時点では、公式でのツイッター報告では、具体的な内容はわからなかったが、最新ツイートや資産流出をブロックチェーンから特定しようとする動きが相次ぎ、状況が少しずつ明らかになっている。

まず、「Cryptopia」は被害報告から一夜明けた16日、NZ警察が捜査開始したことを追加報告。「国内外のパートナー機関と連携しているが、捜査は初期段階であるためまだ情報は開示できない。」との発表、NY警察の公式声明文を掲載した。

記事の内容によると、ニュージーランド警察は、先日発覚した仮想通貨取引所Cryptopiaでのハッキング疑惑で多大な額に相当する仮想通貨が盗難された可能性を受け、事件を真剣に捉えていると表明。

事件解決に向け、原因究明と状況把握に尽力しており、専門のチームも既に結成済みである事が明らかとなった。また国内外の提携機関と連携しているもの、捜査もまだ初期段階であるため、事件に関する新情報は開示できないと言及している。

Bakktのビットコイン先物開始、さらなる延期か

またイーサリアム同様、目先材料として控えていたBakktは、独立の先物取次(仲介)企業Rosenthal Collins Group(RCG)の一部の株を取得する契約の段階に入ったと明らかにした上で、CFTCの審査が影響し現在オープンが延期、BTC先物取引の予定日は未だ不明になっている状況下でも、事業は順調に動いている事をアピールした。

注目されていた延期日時だが、15日に分析などを行うメディアLonghashが、匿名筋の情報を取りあげ「4月まで延期」する旨を伝えている。

CoinPostでもLonghashへ、今回の報道に関して取材を行なった結果、情報や信頼性に関する情報は匿名筋の情報であることから公開できないとの返答をもらった。

Bakktによる公式の見解は発表されていないが、年初の材料として最も期待されていたBakktが、4月まで延期する可能性が浮上したことも一つの要因として挙げることができるだろう。

CoinPostの関連記事

2019-01-16 08:22
2019-01-15 09:04
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

スポンサーリンク