世界銀行最大手HSBC、ブロックチェーン上で「27兆円」を超える外国為替(FX)取引を決済

世界銀行最大手HSBC、ブロックチェーン上で「27兆円」を超える外国為替(FX)取引を決済
銀行業界におけるブロックチェーン本格導入の牽引役となるか
世界銀行最大手HSBCは、昨年の外国為替取引でブロックチェーン技術を使用し、27兆円相当(300万件以上)の取引処理を報告した。独自ブロックチェーンプラットフォーム「FX Everywhere」が使用されている。

銀行業界におけるブロックチェーン本格導入の牽引役となるか

英経済誌フィナンシャル・タイムズによると1月14日、イギリス、ロンドンに本拠をおく世界最大銀行の一つである「HSBC」は、昨年の外国為替取引において、ブロックチェーン技術(分散元帳技術:DLT)を使用し、2500億ドル(約27兆円)に相当する300万件以上の取引を処理した。

同行のプレスリリースで明らかにされた。

FX取引分野で世界屈指のシェアを誇るHSBCにおいて、上記の取引金額が占める割合は小さいものの、銀行業務のための、製品化されたブロックチェーン技術の稀有な実証例という意味で、この革新的技術の将来を約束する”重要な一歩”だといえるだろう。

この取引には、「FX Everywhere」と呼ばれる、HSBC独自のブロックチェーンプラットフォームが使われ、それまでの手作業によるプロセスを自動化し、昨年2月以来、300万件の取引から生じた15万件以上の支払いを処理したと報告されている。

HSBCは、このプラットフォームを、内部の貸借対照表全体での支払いを組織化し、調整するために使用してきたところ、この1年間で「顕著な効率性とチャンス」をもたらす結果となったしている。

分散型元帳技術を使用した独自システム

HSBCグローバルFX部門の責任者を務めるRichard Bibbey氏は声明の中で、次のように述べている。

HSBCは、行内において、多数のバランスシートにまたがる何千もの外国為替取引を行っている。「FX Everywhere」は分散型元帳技術を使用し、これらの内部業務の効率を劇的に向上させる。

その中でも特筆すべき効率化の具体例として、次のような点をあげた。

  • 外部の承認を必要とせず、支払い決済の確認ができるようになった
  • 行内の取引データを「共有された、唯一の真実」として統一できる
  • キャッシュフローの見方を統合できる

このシステムにより、複数の幹部が同時に約定から決済までの取引を見ることができるため、不一致や遅延のリスクを軽減できるという。 さらに、HSBCのCLS(多通貨同時決済機関) への支出削減にもつながったと同行は付け加えた。

行内でのブロックチェーンプラットフォーム導入の成功を受け、HSBCは今後、顧客である多国籍企業、特に多数の財務センターやと国際決済サプライチェーンを抱える企業が、その組織内部での外国為替作業をより効率的に管理するために、 この技術を利用できる方法を探っていくと述べている。

なお、HSBCは、FX Everywhereが完全に自社開発されたものか、オープンソースのプロトコルに基づいて開発されているのかは、明らかにしていない。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

CoinPostの関連記事

2018-12-30 11:58
2018-11-17 16:31
CLOSE
CLOSE