仮想通貨取引所Bakktが初の企業買収へ|ビットコイン先物取引の承認待ち状況も並行した事業推進を強調

仮想通貨取引所Bakktが初の企業買収へ|ビットコイン先物取引の承認待ち状況も並行した事業推進を強調

Bakktの初企業買収
ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親企業ICEが設立した仮想通貨取引所Bakktはリスク・マネージメントと財政運営におけるシステムと専門知識を統合するために、米老舗の独立先物仲介業者の一部の株を取得する契約に取り掛かっている。同社のBTC先物取引の予定日は未だ不明だが、事業を進める歩幅は止まっていない。

Bakktの新たな買収

世界最大級のニューヨーク証券取引所(NYSE)の親企業であるICEが設立した仮想通貨取引所Bakktは、新たに企業買収を行おうとしている。

BakktのCEOを務めるKelly Loeffler氏は日本時間15日、公式ブログ
にて、Bakktが現在、独立の先物取次(仲介)企業Rosenthal Collins Group(RCG)の一部の株を取得する契約の段階に入ったと明らかにした。

先物取次業者(FCM)とは

米国において、先物取引の勧誘、受託、証拠金の受入れなどの仲介業務を行う先物取次業者。FCMは商品取引所法およびCFTCのルールにより、CFTCへの登録を義務付けられている。

Loeffler氏によると、RCG社は100年近くの実績を企業であり、昨年の12月には、世界有数の商品仲介業者Marex Spectronに全ての顧客口座を売却することを発表した。

そして、今回Bakktの買収は、Bakktのプラットフォーム開発に関連するRCG社の重要な技術的資産を目的としており、2月に契約を完了し、RCG社のチームをBakktへ迎えるという。

さらに、RCG買収の要点とは

  • リスク・マネージメントと財政運営のためのシステムと専門知識
  • デジタルアセットの普及を推進し、より多くの取引選択肢を顧客へもたらすために、規制の遵守・AML/KYCを補強する

直近のBakktの動向

直近では、Bakktの動きが多く見られる。

先日、Loeffler氏は、投資ラウンド1に成功したと伝えた。

発表によると、計12のパートナー企業と巨額投資者から、約200億円を調達し、出資企業の中から、ICEやMicrosoftのVC部門の名が上がっている。

また、Bakktは昨年11月に、本来12月に開始する予定だった「現物決済のビットコイン先物取引」を、出資完了の発表と同じ日(12月31日)に、「再び延期する」と正式に発表し、CFTC(米商品先物取引委員会)におけるの認可プロセスを延期に当たる主な理由と説明していた。

出典:www.theice.com

今回の企業買収を際し、同CEOはCFTCの認可進捗状況に関してこのように話した。

我々はCFTCの認可を待ちながらも、並行して業務を進めている。

最先端のプラットフォームを構築するためには、デジタルアセットのためのフィンテックエコシステムにおける金融市場の専門知識も、技術への投資も必要となる。

なお、今回の延期は、2018年12月末から始まった米歴史上でも最長の連邦政府機関の『閉鎖(シャットダウン)』が要因とされており、政府予算案の不一致による閉鎖の復旧見込みが未だ無いため、CFTCの機能再開にかけられているBakktの審査結果と開始予定日に関しては不透明感が残っているままである。

CoinPostの関連記事

2019-01-15 06:50
2019-01-10 09:55
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

スポンサーリンク