米セントルイス連邦準備銀行、「ビットコイン下落の要因はアルトコインの増殖」|ゼロになる可能性は低い

米セントルイス連邦準備銀行、「ビットコイン下落の要因はアルトコインの増殖」|ゼロになる可能性は低い
米国連邦準備銀行、「ビットコインの価格下落の要因はアルトコイン」
米セントルイス連邦準備銀行の経済学者はビットコイン価格の将来性として、「天井なしの高騰・ゼロ・中間」の可能性から、価格は中間で落ち着くと予想。また、ビットコインの下落要因の1つとして、増殖するアルトコインの供給状況を指摘した。

米国連邦準備銀行、「ビットコインの価格下落の要因はアルトコインの増殖」

米セントルイス連邦準備銀行(the Fed)が米1月11日に、ビットコインの価格に関するレポートを公開した。同銀行はビットコインの将来性として、天井なしの高騰・ゼロ・中間の3つを提示した上で、価格は中間で落ち着くと予想。

レポートを担当したDavid Andolfatto氏とAndrew Spewak氏は、ビットコインの価格下落の大きな要因の1つとして、永遠と続くアルトコインの供給状況を指摘し、以下のように述べた。

ビットコインは元来ボラティリティの高いアセットである。供給量が予め決定されているからといって、その価値が上昇し続ける確証は無い。価値を決めるのは、結局需要の量なのである。

また、現在多様な通貨・トークンが限りなく発行され、市場シェアを分けている。仮にビットコインが未だに唯一の仮想通貨であれば、投資はビットコインに集中し、価値も比較的に高かったはずだ、とビットコインの価格下落の要因はアルトコインの存在である可能性が高いとしている。

連邦銀行の学者が語る仮想通貨の本質的価値

レポート内では、ビットコインの本質的価値についても言及された。

現在ビットコインはベア・マーケットを経験していると仮定しよう。この仮定はビットコインが本質的価値を持たないことを前提とするから成り立つのであり、早かれ遅かれ市場をこの事実をはっきりと認識するだろう。しかしこの本質的な価値を持たないという現実を無視しても、ビットコインの取引は成り立ってしまうというのが、我々の見解である。実際、多くの有価証券がその本質的な価値を超越している範囲で取引されている。金もまたその一つで、工業的用途に基づいた本質的価値を超越した取引が成立している。

ビットコインの有用性は、デジタルで厳重に価値を保存することができ、またそれを自由に移転できるところにある。他のブロックチェーン技術を利用したプロダクトが世界に新たな技術革新をもたらす中、『仮想通貨』という形を取った新たな高いセキュリティーが保証される決済制度は、そこまで求められていないのが現状だ、とAndolfatto氏は以前にも指摘した。

しかし、銀行によるブロックチェーン技術の採用や、他の非中央権的用途から更に多く人々がブロックチェーン技術に触れれば、これらのシステムを支えることになるトークンへの需要は増加するだろうとされている。

また、同氏は、ビットコインの価値がゼロになる可能性は限りなく低いものの、アルトコインの増加によるビットコインの競合に対し、アルトコインの利便性を評価する形で投資が集中し、仮想通貨市場全体の資本化が進行し続ければ、ビットコインの価値の消失も有り得るのが現実であると示した。

CoinPostの関連記事

2019-01-11 12:17
2019-01-09 17:30
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

スポンサーリンク