仮想通貨取引所Bitrueが「xRapidの導入予定」と発表|6種類のXRP基軸ペアを新規上場も

仮想通貨取引所Bitrueが「xRapidの導入予定」と発表|6種類のXRP基軸ペアを新規上場も
Bitrueが新規XRPペアを6つ上場へ
シンガポールの仮想通貨取引所Bitrueは新たに6つの通貨についてXRP基軸の取引ペアを新規上場させたことを発表した。5日現在でBitrueに上場しているXRPペア通貨は22種類となった。
xRapidの導入も予定
BitrueのCEOを務めるCuris Wang氏は、リップル社の国際決済ソリューションであるxRapid(XRP使用)を将来的に導入する予定であると言及している。Bitrueを含め、現在計12の企業・機関がxRapidの採用・導入計画を表明しているという。

Bitrue、xRapidの導入を予定

つい先日、シンガポール本拠地の仮想通貨取引所BitrueのCEOであるCuris Wang氏は自身のツイッターで、リップル社の国際決済ソリューションであるxRapidを近い将来導入する予定であると言及している。

xRapidの導入を計画中の金融機関は、下記のようになる。

  • SBI Virtual Currencies (日本の仮想通貨取引所)
  • IDT (米格安通信企業)
  • SendFriend (ブロックチェーン基軸のクロスボーダー送金決済プラットフォーム)
  • Bitrue(シンガポールの仮想通貨取引所)

現在、xRapidを利用している仮想通貨取引所は4社=Bitstamp・Bittrex・Bitso・coins.phとなっており、また、xRapidの実利用金融機関は、MercuryFX・Cuallix・Catalyst Corporate Federal Credit Union・Viamericasとの4社。

xRapidは送金決済の流動性を向上し、仲介手数料などのコストを最小化したい送金業者等を対象としたソリューションで、実際に法定通貨をXRPに換金してから送金し、その後、送金先のユーザーが利用する法定通貨に両替するサービスプロダクトである。

Bitrueが新規XRPペアを6つ上場へ

12月27日に発表した「2019年の1週目では、5つのペアの提供を予定する」との公募に応じるBitrueは新たに6つの通貨についてXRP基軸の取引ぺを新規上場させたことを発表した。

今回の上場では、TRX、XLM、NEO、GAS、OMGの5種類の通貨が対象となり、さらに、5日にはBEEも上場し、5日現在でBitrueに上場しているXRP基軸のペア通貨は22銘柄となった。

Bitrueは2018年に設立された取引所で、シンガポールに拠点を置く。経営陣はXRPの導入に積極的であり、取引所のローンチ日からXRPを基軸通貨に位置付けることを明言している。これまでにも多くのXRPペア取引を上場させており、XRPコミュニティから大きな支持を獲得している。

また、CEOによると、BitrueのXRPマーケットの取引高は開業4ヶ月ですでに、既存の取引所PoloniexやBittrexのXRPマーケットを超えており、グローバルおけるXRP出来高の約2%を占めている様な流動性を持っているという。

CoinPostの関連記事

2018-12-24 13:49
2018-12-29 13:27
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

CLOSE
CLOSE