1.25億ユーザーを抱える人気ゲーム「Fortnite」で匿名通貨モネロ採用|ビットコインでない理由

1.25億ユーザーを抱える人気ゲーム「Fortnite」で匿名通貨モネロ採用|ビットコインでない理由
世界的人気ゲーム「Fortnite」で匿名通貨モネロ(XMR)採用
世界的大人気オンラインゲーム「Fortnite」が1日から、初の仮想通貨決済手段としてXMRを採用し話題になっている。一方、プレーヤーの保有通貨を狙う巧妙なマルウェアの存在も。
モネロ(XMR)とは
高い匿名性とセキュリティ性能を持つ仮想通貨。ビットコインが公開台帳式であるのに対し、非公開のモネロは「取引履歴を第三者に見られる心配がない」という匿名性が特徴。

CoinPost:仮想通貨用語集

人気オンラインゲーム「Fortnite」で匿名通貨モネロ(XMR)採用

世界中で大人気のオンラインゲーム「Fortnite」が2019年1月1日から、初の仮想通貨決済手段としてMonero(XMR)を採用した。専用オンラインストア「Call Retail Row」で、TシャツなどのアイテムをMoneroで購入することが可能になったという。

ビットコインやイーサリアム、リップルといった主要仮想通貨にも対応しているスイスの決済企業「GloBee」の技術をベースにしていることもあり、ビットコインやイーサリアムを差し置き、モネロが選ばれた背景について関心を集めている。

「Fortnite」を開発した米ゲーム企業「Epic Games」がビットコインを採用しなかった理由についてTwitterで尋ねられたMonero開発チームのコアメンバーRiccardo Spagni氏は、「プライバシーの欠如」を理由に挙げた。この回答に対し、VISAやMasterCardを引き合いに出して批判するユーザーもいたものの、同氏はFortniteの狙いが「プライバシーの保護」である点を強調。

「彼ら(Epic Games)の目的は、プライバシー保護の代替手段をユーザーに提供することであり、最も改ざん防止力のある代替手段を提供することではない」
Cryptoglobeの報道によると、Epic Gamesは、ビットコインのレイヤー2スケーリング・ソリューション自体には興味を示している。

1.25億人がプレーする「Fortnite」効果に期待

世界中のゲーマーが熱狂する「Fortnite」のようなビッグネームとの提携関係は、Moneroにとって新開地を切り開く絶好のチャンスとなりそうだ。

Epic Gameの発表によると、「Fortnite」の総ユーザー数は2018年6月の時点で1.25億人、月間プレーヤー数は8月には7830万人に達した。WindowsやMacOS、PS4、Nintendo Switch、Xbox Oneといったゲーム機からAndroidにまで幅広く対応している点も、発売からわずか1年で急成長を遂げた要因のひとつかと推測される。

「Fortnite」ストアでは今まで通り、クレジットカードやPayPalでの決済も受けつけているが、今後、既存あるいは新規のMoneroユーザーによるXMR決済が増加する可能性は非常に高い。

Fortniteプレーヤーの保有BTCを狙う巧妙なマルウェア

ただし、需要の拡大とともに懸念されるのが、セキュリティー面だ。

サイバーセキュリティ企業Malwarebyteは2018年10月、「Fortnite」のプレーヤーをターゲットにしたビットコイン搾取用マルウェアを発見。ブログ上で注意を呼びかけた。

「無料アンドロイド版シーズン6」「ボーナスアイテム」などという謳い文句に釣られ、YouTubeにアップロードされた画像のリンクからダウンロードを行うと、同時にマルウェアもダウンロードしてしまい、ビットコインウォレットに関する情報を含む様々なデータを盗み取られるというもの。

同社が調査した時点で、既に視聴者数が12万人を超えていた悪質誘導動画が発見されたほか、サーベイサイトを装ってダウンロードに誘導する巧妙なマルウェアは1207回ダウンロードされていた。またゲーム内で使用できるFortnite専用通貨「Free V-Bucks」を悪用した詐欺行為も報告されている。

全XMRの約5%がクリプトジャッキングの被害に

さらに6月には、「市場に流通している全XMRの約5%が、クリプトジャッキングによって悪意を持ってマイニングされている」と、ネットワークおよびエンタープライズ・セキュリティ企業Palo Alto Networksが突き止めた。しかしこのデータではウェブベースのMoneroマイナーやアクセス出来ないマイナーが省かれている為、実際に不当にマイニングされている割合は5%をはるかに上回るのではないかと推測される。

Meneroはマルウェアの恰好のターゲットになっており、不当にマイニングされた総額は1.75億ドル相当におよぶ。

XMRがターゲットとなっている最大の理由は、その匿名性の高さだ。Meneroのブロックチェーンを利用したトランザクションは100%匿名で行われ、実行人物に関するデータも残らない。つまり、サイバー攻撃には理想のシステムということになる。

XMRの普及拡大に向け、マルウェア対策が最優先事項として取り組むべき課題であることは、疑う余地がない。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者9,000名突破。

CoinPostの関連記事

2018-10-22 11:33
2018-03-03 17:00

スポンサーリンク