仮想通貨市場全面高 ビットコイン44万超え、イーサリアム20%弱急騰|仮想通貨モーニングレポート

仮想通貨市場全面高 ビットコイン44万超え、イーサリアム20%弱急騰|仮想通貨モーニングレポート
相場大反発、ビットコイン44万超え
ビットコインは29日、日本時間午前0時30分ごろ約2万9千円幅の急騰、bitFlyer上で44万円を上回った。ビットコイン急騰に影響され、アルトコインも全面高に、24時間比でも主要通貨が再度プラスへ転じた。重要ニュースもリストアップ。

マーケット情報

12月29日の仮想通貨マーケット情報

ビットコイン

ビットコインは29日、日本時間午前0時半に約2万9千円幅の急騰、bitFlyer上では44万円を上回った。

午前9時時点のデータは以下の通り。

BTC価格(29日9時)
価格 前日比
現在値 445730円 7.88%
日中高値 451690円
日中安値 409050円
出来高 6190億円 9.90%

アルトコイン

ビットコインの急騰に連動し、主要アルトコインも全面高に。注目点は週間比で主要通貨が再度プラスに転じた点で、約19%超えを記録しているイーサリアムが直近ではビットコインやXRPよりも乱高下しており、時価総額ランキング10位内の通貨で唯一、+25%超えの高騰を見せた。

出典:Coinmarketcap

本日の重要ニュース

本日のマーケット・仮想通貨業界に関連するニュースをピックアップ。

仮想通貨の相場は株市場に再び反応か

24日ダウ平均株価の暴落や、26日の歴史上最大の1日上げ幅の反発などを経て、米時間28日には一時867ドルの上げ幅を見せ、終盤時小幅安を記録している。

注目すべきなのは、28日米有力紙WSJがビットコインの相場が伝統投資家の資金流入により、段々と株市場やゴールド市場に相関性を持つようになってきていると報じたことだ。

米タイム誌がビットコインを認める

仮想通貨に対して、必ずしも好意的な立場をとってこなかったタイム誌だが、12月28日に掲載された、「ビットコインは、なぜ自由のために重要なのか」(”Why Bitcoin Matters for Freedom”)と題された、Human Rights Foundation (人権財団)の最高戦略責任者Alex Gladstein氏からの寄稿記事は注目されている。

Gladstein氏は、仮想通貨業界とブロックチェーン業界における、憶測や詐欺、そして人々の強欲さが、サトシ ナカモトの発明=ビットコインの真の意義、つまり自由への可能性を覆い隠してきたと指摘しながらも、特に独裁政権の下では、検閲に抵抗性を持つ価値交換手段として、貴重な金融ツールとなり得ると述べている。

クウェート国営銀行がリップルネットに加入

また12月28日、クウェートの国営銀行NBKが新たにリップルネット(RippleNet)に参加し、新たな送金ソリューションNBK Direct Remitを発表した。その新たなソリューションはまずヨルダンへの国際送金で試用される。

なお、リップルネットの加入企業数は今年9月時点で100社であったが、ここ数ヶ月でその加入企業数は200社を超えるなど、倍になっている。特に、中東地域での関心の高まりは特筆すべきものであり、リップル社はドバイ支社を設立する計画も公表している。

*上記3つのニュースは、本日(土)公開予定です。

CoinPostの関連記事

2018-12-28 18:50
2018-12-28 12:36
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者9,000名突破。

スポンサーリンク