米投資ファンドCEO、仮想通貨の透明性を主張し長期的な上昇を示唆|米株式市場との相関関係にも言及

米投資ファンドCEO、仮想通貨の透明性を主張し長期的な上昇を示唆|米株式市場との相関関係にも言及
ビットコインと株式市場の相関性を否定
仮想通貨投資ファンド、Morgan Creek Digital社のCEOであるAnthony Pompliano氏が株式市場とビットコインの相関関係はないと発言。またビットコイン価格は短期では3,000ドルを下回る可能性があると述べながらも需要における将来性を強調した。

米投資ファンドCEO、仮想通貨と株式市場の相関性を否定

Morgan Creek Digital社のCEOであるAnthony Pompliano氏が米経済番組CNBCの「Squawk Box」に出演し、仮想通貨市場について触れ、「株式市場とビットコインの相関関係はない」と語った。

ビットコインは株式市場と相関性のない資産クラスだ。BTCとS&P 500の過去180日間のチャートを比較すると、相関はゼロである。

ドルインデックス(ドル指数)と比較してもゼロに近い。その為、ビットコインとの相関性はないし、これからもそのような状態は続くだろう。

また仮想通貨との相関性が頻繁に話題となるテック系株の中でも、代表的な5銘柄であるFAANG(フェイスブック、アマゾン、アップル、ネットフリックス、グーグル)との相関性も否定した。

意見に賛成するアナリストも

今回のPompliano氏の発言に対し、仮想通貨市場の専門家として知られるeToroのシニア市場アナリストであるMati Greenspan氏は同様に、株式市場と仮想通貨市場の相関関係はないと賛成した。

またこのトレンドは2年間の日足チャートを比較すると特に顕著であるとGreenspan氏は述べた。

ビットコインの価格予想と展望

またビットコインの価格が上昇するにはどのような材料が必要かと聞かれると、Pompliano氏は司会者の期待とは裏腹に、ビットコイン価格は短期では下落が続くと予想した。

短期的にはビットコインは3000ドルを切ると自身の展望を語ったものの、長期スパンではビットコインに対する需要の増加をPompliano氏は見込んでいる。

仮想通貨は透明性が高く、数学やコードに基づいているが、逆に伝統的な金融業界の方が不正行為が蔓延しているとも言える。

しかしその反面、仮想通貨はまだ若い資産クラスだ。その為ビットコインの需要が高まれば、価格の上昇も自ずと見られるだろう。

Pompliano氏は以前から不正行為をしながら仮想通貨に対して厳しい姿勢を持つ金融業界は二重基準を有しているとの見解を示しており、登壇後にもそのような矛盾を指摘するツイートを発信している。

FINRAがモルガン・スタンレーの仲介業部門に対して、過去5年間で資金洗浄に関するコンプライアンスが欠けていたとして1000万ドルの罰金を下した。

米ドルが資金洗浄に最も利用されている事実を忘れてはいけない!

また前述のGreenspan氏も先日公開されたインタビュー内でも以前から界隈でも重要視されている3,000ドル(約33万円)が重要なサポートラインであり続けるとした上で、この心理的な壁が破られる可能性はいまだに残っていると言及していた。

しかしその反面、ビットコインの価格サイクルは以前と同様、投機熱と調整の繰り返しで、ビットコインのボラティリティは過去のBTC値動きと比較しても通常の範囲内であるとも述べていた。

Greenspan氏の仮想通貨ビットコインに関する解説はこちらから。

2018-12-26 08:39
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者9,000名突破。

CoinPostの関連記事

2018-11-28 11:48
2018-12-03 20:54
CLOSE
CLOSE