ビットコイン先物取引予定のBakktの進捗、来年年始にCFTC委員の判断投票を予定か|WSJ報道

ビットコイン先物取引予定のBakktの進捗、来年年始にCFTC委員の判断投票を予定か|WSJ報道
仮想通貨ビットコイン先物取引予定のBakktの進捗をWSJ報道
仮想通貨業界において重要視されているBakktのビットコイン先物取引に関する最新状況をWSJが報道した。2019年1月初旬にCFTCが投票を行うかもしれないと進捗を報じている。

Bakktのビットコイン先物提供、承認が間近か

米国の有力経済紙WSJ
は本日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親企業であるICEが発表した仮想通貨取引所Bakktが提供する予定の現物引き渡しビットコイン先物の申請に関して、「現在CFTC(商品先物取引委員会)のスタッフが審査している最中であり、2019年初頭にはコミッショナーが投票(ボーティング)を行い、承認が出された場合、30日間におけるパブリックコメント期間が設けられるだろう」と、進捗を報じた。

また、Bakktは現物ビットコインを取り扱うため、通常のコモディティ(石油や麦など)しか管轄範疇に置かないCFTCから、『免除』を得る必要もあるとも言及した。

当初、8月に発表されたBakktは複数の大手企業が提携し「現物決済ビットコイン先物取引」の提供を12月12日に開始すると10月に発表していた。

しかしその後、11月にICEが急遽2019年1月24日まで開始を延期すると発表。規制当局のCFTCとの認可プロセスを進めたり、顧客のオンボーディングや興味指数を高める事などを延期の理由だとCEOのKelly Loeffler氏は同社の公式ブログにて説明していた。

また機関投資家の資金流入が見込める材料として、米国で仮想通貨の規制状況に詳しい弁護士のJake Chervinsky氏はBakktについて「ビットコインETFと同等の重要性を持つ」と言及していた。

CoinPostの関連記事

2018-11-07 12:16
2018-11-19 19:55
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

スポンサーリンク