ブロックチェーン・アプリケーションの開発方法|イーサリアムとNEM(ネム)の違い

ブロックチェーン・アプリケーションの開発方法|イーサリアムとNEM(ネム)の違い
NEMアプリケーションの開発
NEM JAPANとCOINAGE主催の「現役エンジニアが教える 0からNEMアプリケーションを開発する方法」と題したセミナーに参加。その一部内容をお届けします。ネムアプリ開発に興味のある方必見です。

NEMアプリケーションの開発方法

そもそも、NEM(ネム)とは何かご存知だろうか。

NEMは「新しい経済圏の創出」を目標に作られたプロジェクトであり、ブロックチェーン・プラットフォームだ。

NEMを利用することにより、ブロックチェーンを利用したアプリケーションを製作することが可能となる。ちなみに、NEMのプラットフォーム内などで利用される通貨はXEM(ゼム)と呼ばれる。

今回参加したセミナーでは、そのNEMアプリケーションの開発方法を、現役のNEMアプリケーション・ウェブアプリケーション開発者の岡田氏と中川氏が、わかりやすく解説している。

今回の記事では、お二方の登壇内容の一部をお届けする。

ネムとイーサリアムの違いとは

現在、ブロックチェーン・プラットフォームは数多く存在するが、その中で最も有名なのはイーサリアムだろう。

しかしイーサリアムではなく、ネムを使うメリットにはどういうものがあるだろうか。

このことを理解する為には、まずイーサリアムのコントラクト開発、分散型アプリケーションの特徴について知る必要がある。

分散型アプリケーション

イーサリアムのプラットフォームを使うことにより、分散型アプリケーション(dApps)を開発することができる。

この分散型アプリケーションのデータは、P2P方式で保存される。このP2P方式は、ネットワークに参加するノード全員が、あるデータを管理し、ソースやサービスを提供しあう方式のことを指す。

つまり、何か分散型アプリケーションをリリースした際、全てのノードが、そのソースコードなどを共有することになる。

この共有により、仮に脆弱性や改善点などが発見されたとしても、全てのデータはあらゆるノードに分散化されて一括で管理されていないため、アップデートや修正を加えることは極めて難しい

このように、リリース後の修正が厳しいためイーサリアムのプラットフォームで分散型アプリケーションをリリースする場合、脆弱性やバグがない完璧な状態でアプリケーションを立ち上げなければならない。

中川氏は、この様なイーサリアムを基としたアプリケーションの弱点をロケットの打ち上げに例えて説明した。

この点が、イーサリアムのコントラクト開発の一番の欠点となり、岡田氏は実際にイーサリアムに触れた際の感想を以下のように述べた。

特定の条件を揃えた時に、仮想通貨を自動で動かせるのは凄いなと感じました。

すごく未来を感じるなと思ったんですけれども、一方で、一度チェーン上にリリースしたソースを簡単に直せないというのは、結構しんどいなと思いました。

NEMの特徴

その一方、ネムの特徴では、以下のようなものが挙げられる。

・イーサリアムのようにコントラクトを書けないといった特徴。その分、堅牢性が優れている。

・ブロックチェーンの中に便利な機能がプロトコルレベルで備わっていること。

・備わっている便利な機能を、WebAPIを通して利用できること。

上述した便利な機能にどのような種類には以下のような種類がある。

1.ネームスペース(ドメイン機能)

2.モザイク(トークン)発行・送信機能

3.マルチシグアカウント

4.メッセージング(平文・暗号文)

1.ネームスペース

出典:「現役エンジニアが教える 0からNEMアプリケーションを開発する方法」セミナー資料

仮想通貨のアドレスは、下の例のように複雑で覚えづらい。

例) NC5TU51AWL3DGPA7NXI4MHFOENW

そこで、この機能を使うことにより、仮想通貨アドレスを覚えやすいように、オリジナルの「ホームスペース」とよばれる独自ドメインのようなものに紐づけることができる

そうすることで、シンプルで覚えやすいものになる。

例) opening-line

2.モザイク発行・送信機能

出典:同セミナー資料

これは、独自のトークン・アセットを発行できる機能となる。

APIのパラメータを設定することで様々な性質のトークンを発行することが可能となっており、以下の項目などが設定可能となっている。

例) トークンの名称設定、

トークンの供給量の調整、

トークン供給量を途中で変更許可するか否か、など

3.マルチシグアカウント

出典:同セミナー資料

あらかじめ署名者を設定し、例えば、3人中2人の承認を得れば転送される、トークン転送に関する設定をできる機能を「マルチシグアカウント」は備えており、これにより、アカウントのセキュリティが高まる。

4.メッセージング

出典:同セミナー資料

トークンを転送する時に、メッセージを添付することが可能になる機能

このメッセージは、パブリックチェーンであれば、誰でも閲覧できることから、個人情報を載せないなどの注意が必要となる。

以上4つの機能を組み合わせ、NEMアプリケーション開発を行う。

上述した通り、ネムではコントラクトを書けないが、イーサリアムと違い、分散化されていないため、リリース後も修正が容易に可能となっている

主流のウェブ・アプリ開発手法

現在主流となっているウェブアプリケーションの開発方法は、アジャイル方式となっている。

アジャイル開発について、独立情報機構は以下のように説明している。

アジャイル開発では、ソフトウェアを提供するため、タイムボックスを使用した反復型のアプローチをとります。顧客が評価できるソフトウェアを提示し、顧客からのフィードバックを短いサイクルで得ながら、提供したものに価値があるかどうかを確認します。

つまり、まずソフトウェアを作り、すぐにリリースをする。その後、顧客などのフィードバックを元に改善し、リリースした後に再度顧客の評価を確認。

フィードバックがあれば改善する、といったようなサイクルを繰り返す手法のことをいう。

流行の移り変わりが早い現在、この手法がビジネス価値を最大化させるための手段として有効なのだそうだ。

このことを頭に入れた上で、もう一度ウェブアプリケーション開発とコントラクト開発の違いを比較してみよう。

Web開発

・とりあえず動くものをリリース

・リリース後に、機能追加/修正を随時行う

コントラクト開発

・リリース前にコードの公開、監査、修正をしっかり行う

・最初から完璧なプロダクトをリリース

その次に、ネムとイーサリアムのプラットフォームを比較。

ネム

・中央集権

・リリース後の修正が可能

イーサリアム

・非中央集権

・リリース後の修正は困難

こういった観点から、ブロックチェーンを利用し、ウェブアプリを開発する際は、現状イーサリアムよりも修正が容易なネムの方が便利な点が多いと中川氏は述べた。

また、ネムでの開発に関して、ネムの機能を実装するために、APIやライブラリを使うため、実装に時間がかからないというメリットも同氏は挙げている。

入門|NEMアプリケーション開発

最後に中川氏は、NEMアプリケーション開発を始めようとする初心者の方に、まずネム・ウォレットアプリでアカウントを作ることを勧めている。

その理由は、ネムの基本的な機能に触れることができるからだそうだ。

作り方に関しては、同氏がキータ(Qiita)にまとめている

もしブロックチェーン・アプリケーション、またはネム・アプリケーションに興味のある方は、これを参考に一歩踏み出してみてはいかがだろうか。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者7,000名突破。

CoinPostの関連記事

2018-12-06 09:07
2018-10-31 19:30

スポンサーリンク