豪大手運送保険企業、高級牛肉における「食の安全」にブロックチェーンを導入

豪大手運送保険企業、高級牛肉における「食の安全」にブロックチェーンを導入
豪州の大手運送保険企業、牛肉における食品安全にブロックチェーンを導入
世界3位の牛肉輸出国「オーストラリア」の大手運送保険会社NTIは、国産高級ブランド牛の信頼性確保のため、ブロックチェーン技術を導入し、牧草地から食卓まで追跡可能な仕組みの試験運用を実施する。

豪州:ブランド牛にブロックチェーン

オーストラリアの大手トラック運送保険会社NTI(National Truck Insurance)は、オーストラリア産ブランド牛の信頼性(トレーサビリティなど)を確保するため、ブロックチェーン技術を試験的に導入することを発表した。

今回の導入に関する重要な項目について、以下のようにリストアップしている。

  • 豪州牛肉サプライチェーンは、同国経済にとって必要不可欠であり、約45,000の牛肉生産業者が”世界3位の牛肉輸出国”としての地位確立に貢献している
  • NTIは、商品の価値や産地を証明するブロックチェーン・セキュリティ企業BeefLedgerとパートナーシップを組み、牧草地から食卓までのオーストラリア産牛肉の追跡が行えるよう、今月から試験運用を始める
  • BeefLedgerのプラットフォームは、ブロックチェーン技術、IoT (Internet of Things) 技術、また牛肉パッケージングのイノベーションを取り入れることにより製品安全性と信頼性を強化した多層システムを構築する
  • パイロット運行は、南オーストラリア州に位置するLimeStone Coast のブランド牛をNSW州にあるカジノの処理施設に移送、のち中国の上海の消費者に発送されるまでの追跡を行なう

豪州と中国の産業ブリッジ

BeefLedgerの会長であるWarwick Powell氏によれば、アジア市場の活性化により特に中国からの牛肉の需要が高まっており、それだけに産地偽装や品質管理のリスクが高まっている。

Powell氏は「研究によると、中国人消費者にとって倫理基準と動物福祉と共に、商品の真正と原産地の証明が重要事項となっており、それが消費者にとってオーストラリア製品の関心の的となっている」と強調した。

そして、NTIの最高責任者のTony Clark氏も、ブロックチェーンによる安全・信頼の向上に期待感を寄せている。

オーストラリアの農業、動物福祉、運送や物流など様々な業界にブロックチェーン技術がどのような可能性を与えるか大変期待している。初期段階だが、オーストラリアのサプライヤー、輸出業者また消費者に素晴らしい経験と結果をもたらすはずだ。

食品安全分野のブロックチェーン活用

今回の豪州NTIの事例以外にも、日本国内外でも様々な食品安全におけるブロックチェーンの検討・応用ユースケースが見られており、現在の主要事例を以下のようにハイライトした。

  • 米FDAが、レタスによる大腸菌感染の対策として、ブロックチェーン技術の導入を検討中
  • IBMが独自で開発したフードブロックチェーンネットワークIBM Food Trustに、米大手スーパーウォルマートやフランスなどの食品関連企業が参加
  • 有機農業発祥の地として知られる『宮崎県綾町」』のワイン生産者と電通国際情報サービスが、栽培から製造・流通までの履歴をブロックチェーンに記録する実験を2018年春より開始
  • 『富士山まる茂茶園』が偽装を防ぐため、サプライチェーン検証テックのVeChainブロックチェーン技術とIoTソリューション導入に向け概念を実証

CoinPostの関連記事

2018-12-10 16:03
2018-12-06 13:02
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

CLOSE
CLOSE