ビットコイン重要ラインに4度目の挑戦も反落 セリクラの見極めポイントを分析|仮想通貨市場

ビットコイン重要ラインに4度目の挑戦も反落 セリクラの見極めポイントを分析|仮想通貨市場
仮想通貨市場
ビットコインは11月末より続く主要レジスタンスラインに再度トライする場面が見られるも、再度頭を抑えられる形で反落した。2014年以降続く週足の200日平均線も間近に迫り、相場の正念場となりそうだ。

仮想通貨市場

仮想通貨市場は12日、仮想通貨市場全体の相場は前日比プラスで推移するも、依然厳しい状況が続いている。

その理由として挙げられるのが、ビットコインの価格推移だ。

ビットコインは、11月末より続く主要レジスタンスラインに再度トライする場面が見られた。

今回のトライは3500ドルを下回ってから4度目となるが、本日も明確に抜け切ることができずに反落する場面が見られた。

前回のトライでは、bitFlyerのメンテナンス開始時刻に合わせて仕掛けが入った形で、急上昇をしたものの、同様に跳ね返されていたラインとなる。

本日の相場付近では、同ラインとフィボナッチリトレースメントが重なっていたこともあり、上抜けできれば一時的な上昇が期待できる場面ではあったものの、同ラインは厚くビットコインの上昇を依然として抑えつけている。

また下落する場合のパターンを考えた場合、2012年から取引が行われているBitstampのBTCUSDチャートの週足200日平均線がかなり重要になりそうだ。

週足200日平均線は2016年以降下回っていないが、すでに現在の水準1BTC=3400ドル付近にまで迫っている。かなり厚いラインとなり得るが、明確な上昇ファンダが直近では乏しいため、正念場となるかもしれない。

現在の仮想通貨相場はどの様な状況にあるのか?

一般株式や仮想通貨のチャート分析に頻繁に引用される「WALL ST. CHEAT SHEET」を利用して大手仮想通貨メディアのCoinDeskが価格予想を展開した。

同チャートは、仮想通貨市場に限った状況だけでなく、バブル時のチャート推移をステージ別で表したものとなり、今年のBTCチャートに類似点が多いことでよく利用されるものとなる。

一覧に載っている各ステージの意味は以下の通りとなっている。

  • 不信(disbelief)
  • 希望(hope)
  • オプチミズム(optimism)
  • 信用(belief)
  • スリル(thrill)
  • 幸福(euphoria)
  • 怠惰(complacency)
  • 不安(anxiety)
  • 否認(denial)
  • パニック(panic)
  • 絶望(capitulation)
  • 怒り(anger)
  • 憂鬱(depression)

このチャートを当てはめて、現在ビットコインがどの位置にいるのか?という分析は各分析家によって異なる事が多くあるが、今回のCoinDeskの新たな分析情報が公開され、注目を集めた形だ。

このチャートを、CoinDeskの分析をもとにして仮想通貨市場で54.9%の占有率(ドミナンス)を誇るビットコイン価格の長期チャートに当てはめるとこのようになる。

coindeskの分析では、現在のビットコイン市場がいるステージを「パニックステージ」であるとし、まだ下落の状況では、絶望(capitulation)ステージが残されていると踏んでいる。結果として、ビットコイン価格が重要ラインと見込まれている3000ドルを切ると予想している。

また現在下降相場は続くものの、絶望ステージは「セリング・クライマックス」とも呼ばれる短期的で終わる売りイベントである為、このセリクラはまだ到来していないと解説した。

仮にセリクラが残されている場合、先ほども掲載した週足の200日平均線は、それを見極める一つの指標となるだろう。

しかし「オマハの預言者」の名で知られる大手投資家のウォーレン・バフェット氏は「他者が貪欲な時は慎重に、逆に他者が慎重になっている時に貪欲に」とアドバイスし、このような絶望的な下落市場こそが、資産を大きく増やす最大のチャンスであると言及している。

ただし、仮想通貨のマーケットでは特有の特徴にも注目することが必要となる。その一つに挙げられるのが、ビットコインを裏で支えるマイナーの存在である。

現在の弱気相場の要因とも言われる中小マイナーの撤退(損益分岐による通貨売却)も、これ以上下抜けた場合大手マイニング企業にも影響が及ぶ可能性が考えられるため、それらの企業が一時的に売却を控える、または買い支えに入る可能性は加味すべき重要ファンダメンタルズ要因となるだろう。

相場の行方こそわからないが、ナスダックやフィデリティ、世界最大規模の国際コングロマリットが仮想通貨関連のインフラ強化に取り組んでいるのも事実で、来年以降の業界の盛り上がりに期待する声も大きい。

CoinPostの関連記事

事業説明会後の質疑応答で、「低迷する仮想通貨市場だが、将来的にマーケットは良くなるだろう。ブロックチェーンを含め、アジアパシフィック領域の展開も考えている」などと言及した。
2018-12-12 18:22
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

スポンサーリンク