最大手マイニング企業ビットメイン社がイスラエル部門を閉鎖|仮想通貨の弱気相場受け事業見直しへ

仮想通貨の弱気相場受け、最大手マイニング企業ビットメイン社もイスラエル部門を閉鎖せざるを得ない状況
最大手マイニング企業も下落相場から打撃を受ける
最大手のマイニング企業であるビットメイン社が、仮想通貨の大体的な下落相場を受け、イスラエルに置く傘下の開発センターを閉鎖し、23人の従業員と同施設のトップとビットメイン社の営業・マーケティング部長を解雇することを発表した。

最大手採掘企業ビットメイン社も下落相場を痛感

最大手のマイニング企業であるビットメイン社がイスラエルにある同社研究開発センターを閉鎖することを発表した。

Bitmaintech Israelは2016年に開設されたビットメイン社参加の開発センターで、マイニングプールやブロックチェーンにおけるAIを応用するプロジェクト等を進めていた。

また今回の開発センター閉鎖に伴い、Bitmaintechのトップを務め、ビットメイン社の営業・マーケティング部長を兼任していたGadi Glikberg氏と同施設の従業員23人が解雇されることとなった。

イスラエルのメディアとのインタビューに応じた同氏は今回の閉鎖について以下のように言及した。

仮想通貨市場では、ここしばらく苦しい状況が続いていた為、ビットメイン社はそれに対応する形で世界中で展開している様々な事業を見直すこととなった。

今回の重要点としては、仮想通貨マイニング企業の最大手企業であるビットメインにも弱気相場の影響を及ぼしていることだ。

ビットコイン価格が40%近く急落した11月以前からもマイニング企業は苦しい状況が続き、中小のマイニング業者が撤退を余儀なくされていたが、効率の良いマイニング施設を多く抱えるとされる大手マイニング企業は存続すると思われていた。

しかし世界最大級のマイニング機器製造企業であるビットメイン社も施設を閉鎖している点が下落相場の冷たさを表している様に伺える。

ブロックチェーン業界全体も苦しい状況に

またマイニング企業以外でもブロックチェーン業界全体が弱気相場から大きな打撃を受けている。

最近ではイーサリアム上でdAppsなどのプロジェクトをサポートする大手企業Consensysがビットメインと同様の理由で、従業員の13%を解雇すると報道されているほか、ブロックチェーン上でSNSを提供するSteemitも下落相場の影響で自社の従業員の約70%を解雇せざるを得ない状況であるとYoutube上で説明した。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者7,000名突破。

CoinPostの関連記事

2018-11-23 16:27
2018-12-01 19:05
CLOSE
CLOSE