仮想通貨市場の暴落は真の発展前の「成長痛」|ブルームバーグ仮想通貨サミット

仮想通貨市場の暴落は真の発展前の「成長痛」|ブルームバーグ仮想通貨サミット
仮想通貨市場暴落は真の発展前の「成長痛」
ブルームバーグの業界サミットにて、仮想通貨・金融界の有識者や幹部らが参加し、現在の下落相場はあくまでも一時的な現象であると語り、今後より規模の大きい市場となる価格安定通貨とSTOなども討論の話題となっていた。

仮想通貨サミット:暴落は「成長痛」と2019年のトレンドについて

仮想通貨にとって低迷の年となった2018年を締めくくるかのように、12月7日、 イギリスのロンドンに 仮想通貨業界の専門家が集い、2019年の展望について討論するイベント、ブルームバーグ・クリプトサミット が開催された。

このサミットに参加した仮想通貨関連企業の幹部や金融アナリストは、2019年には、仮想通貨相場の緩やかな回復が見込まれるだろうとの考えを共有しているようだ。最高値(ATH)より80%近い暴落を見たビットコインをはじめとする仮想通貨の全体市場だが、この暴落は新興の仮想通貨市場の「成長痛」の一環ではないかとの見方を示している。

パネリストの一人、英投資企業CCLA Investment Management社の最高投資責任者、James Bevan氏は、現在の大暴落を仮想通貨の「実存的危機とは見なしていない」と言い、次のように続けている。

今の暴落は単に、道のりのデコボコのような、一過性の問題に過ぎないと見ている。これまで、機関投資家は、既存の通貨や取引システムにおいても、数多く、同様の『デコボコ道』を経験してきているのだ。

そして、2019年に大きく成長が見込まれる分野として、パネリストは、『証券型セキュリティトークン』と『価格安定通貨ステーブルコイン』の二つの分野をあげている。

セキュリティトークン

セキュリティトークンは、不動産や株式などの資産の所有権をデジタル化した契約とも言えるが、あらゆる資産をトークン化することが可能だと考えられており、伝統的資産との統合が行われた場合、社会に測り知れないインパクトを与える可能性が大きいと予測されている。 

CoinPost関連記事

昨年のICOブームを経て様々な詐欺的なプロジェクトが溢れた中、新たな資金調達法として注目を浴びるセキュリティトークン・オファリング(STO)。 適応できる分野が広く、規制に準ずる為、その大きな潜在能力に期待が寄せられている。

また、イギリスに拠点を置く大手仮想通貨ファンド、Bletchley Park Asset Management社の共同設立者兼最高投資責任者のLewis Fellas氏は、今年大きな注目を集めたステーブルコイン市場は、まだ始まったばかりに過ぎず、2019年、大きな成長が見込まれるとの意見を述べている。 

およそ120に上る種類のステーブルコインが開発中だとといわれており、長らく独占的地位を占めてきたテザー(USDT)は、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)が承認したGemini dollar(GUSD)やPaxos Standard(PAX) 、Circle社と取引所Coinbaseが共同で発行するUSDCoin(USDC) など、すでに多くの競合にさらされている。

なお、先日、ビットコインキャッシュの分裂騒動による全体相場の急落の際、ステーブルコンの全体取引高が200%増、中ではUSDCは400%の増加を見せたことから、下落相場のヘッジツールや法定通貨がサポートされない取引所において、今後も需要が伸びていると予想される。

規制に関しても

仮想通貨市場の成長において避けて通れない課題である、規制についても、サミットでは、討論されている。パネリストは2019年は、より大規模な規制が行われる年になるだろうと予想しており、仮想通貨に正当性を与えるという意味では、歓迎されるものだと述べている。

しかし、仮想通貨関連事業の誘致に力を注いでいるマルタなどに代表される管轄範囲が比較的に小さい国の金融市場における緩やかな規制と、アメリカやイギリスなどのより厳格な規制を課している国々との差は、基準が厳しい国に拠点を置く仮想通貨関連企業にとっては、競争力の面で大きな困難をもたらすと、英仮想通貨企業CoinShares社の最高経営責任者Ryan Radloff氏は意見を表明している。

一方で、仮想通貨取引所Poloniexを有するCircle Internet Financial社のグローバルマーケティング部門責任者を務めるMarieke Flament氏は、誰かが規制の「車輪を動かし始める」(スタートを切る)ことこそが重要で、そこから起こる可能性のあるミスから、仮想通貨業界が学べることも多いと述べ、次のように続けた。

いくつかの大国が(規制整備に)足を踏み入れ、道筋を示し始めたことはいいことだ。 しかし、他の国々が築いてきたものに対しての信頼性を傷つけるということではない。 誰かが始めなければ、みんな、ただ待っているだけなのだから。

このサミットでの討論から、仮想通貨業界の将来は、より大きな規制、大規模な機関投資家の参入、ボラティリティの低下、伝統的資産との統合が必然であると、ブルームバーグ側は総括している。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者7,000名突破。

CoinPostの関連記事

2018-12-08 17:53
2018-12-07 12:41
CLOSE
CLOSE