グノシー合弁会社「LayerX」が日本マイクロソフトと協業、企業へのブロックチェーン導入コンサル開始

グノシー合弁会社「LayerX」が日本マイクロソフトと協業、企業へのブロックチェーン導入コンサル開始
LayerXと日本マイクロソフトがブロックチェーン領域で協業
LayerXと日本マイクロソフトが、ブロックチェーン領域での協業開始を発表。ブロックチェーン技術のシステム導入に社会的関心が高まる中、企業への「ブロックチェーン導入コンサル」や開発支援サポートなどを行う。

LayerXと日本マイクロソフトがブロックチェーン領域で協業

LayerXと日本マイクロソフトは11月30日、ブロックチェーン領域での協業開始を発表した。

ブロックチェーン技術のシステム導入に関心が高まる中、企業への「ブロックチェーン導入コンサルティング」や開発支援サポートなどを行うという。

改ざん困難な「ブロックチェーン技術」を利用し、スマートコントラクトによる業務フローの自動化や省コスト化ができると期待されてはいるものの、企業側も新興技術のために専門知識を有している人材を確保できておらず、活用方法について需要が増していた背景がある。

充実したブロックチェーンのインフラ基盤を持つ「日本マイクロソフト」では、2016年より、パブリッククラウドプラットフォーム Microsoft Azure上でブロックチェーンインフラの構築を支援する BaaS (Blockchain as a Service) の提供を開始しており、Nasdaqなど国内外で多くの企業に利用されている。

LayerXとは

LayerXは2018年8月1日、日本最大手の情報キュレーションアプリ「グノシー」を運営する株式会社Gunosyと FinTech企業AnyPay株式会社との合弁会社として設立。

ブロックチェーン技術に特化し、ブロックチェーン技術の研究やシステムの開発を行うほか、トークン開発やICO時やスマートコントラクトのハッキング対策、フィジビリティスタディなどを軸に企業コンサルなど、技術力を活かした事業を行なっていく方針としていた。

出典:決算資料

8月20日に実施したLayerXへのConPostインタビューにて、福島社長は以下のように答えている。

日本のブロックチェーン業界は、投機的な側面でこそ盛り上がっているが、技術的な実装や技術面からのアドバイスが可能な会社やプレイヤーが凄く少ないと感じている。

今後ブロックチェーンの活用が増えていく中で、技術的なサポートの需要が一気に増えていくだろうと予測している。技術のスペシャリストである我々が、そういったサポートを行う事業展開をしていく。

Gunosyはメディアカンパニーではなくテクノロジーカンパニーであり、ポートフォリオの一つとしてLayerXがある。ブロックチェーンを本気で事業として行っていくことが、最も伝えたかったメッセージだ。

CoinPostの関連記事

LayerX福島良典社長へ独占インタビュー

7月12日に、株式会社Gunosyはブロ…

2018-11-16 12:34

スポンサーリンク