仮想通貨イーサリアム開発者「技術開発のロードマップ加速へ」19年6月にethereum 1xを計画

仮想通貨イーサリアム開発者「技術開発のロードマップ加速へ」19年6月にethereum 1xを計画
イーサリアム開発者:技術開発のロードマップ加速
10月末に開催されたDevCon4にて秘密会議が行われたが、そこでイーサリアム開発者らは内密に「ethereum 1x」とネーミングされたアップグレードを2019年の6月に行う計画について、議論を行っていたことが明らかとなった。

技術開発のロードマップ加速へ

10月の終わりに開催されたDevCon4にて4回の秘密会議が行われたが、そこでイーサリアム開発者らは内密に「ethereum 1x」とネーミングされたアップグレードを2019年の6月に行う計画について、議論を行っていたことが明らかとなった。

出典:Google Document “Notes:DevCon Eth 1.x and 2.0 Meetings”

この情報はイーサリアム
バーチャルマシンのエンジニアであるGreg Colvin氏が、金曜日にGithub上にその議論に関するドキュメントをアップロードしたことから判明した。

出典:GitHub

その議論の内容の詳細は明らかとなっていないが、有名なプラットフォームであるイーサリアム・クライエント「Parity」上での、「ethereum 1x」を含む複数アップグレードに関する旨について話し合われていたとのことだ。

その会議の参加者のうちの一人は、その「ethereum 1x」の詳細を公にすることは時期尚早だと考える開発者が多いと発言している。

その会議の参加者には以下のようなデベロッパーが名を連ねる。

  • Greg Colvin
  • Joseph Chow
  • Fredrik Harrysson
  • Ben Edgington

他にも多数の開発者が出席している。

その他、判明しているアップグレードの討議内容は以下の通り。

  • システム全体のアップグレード。目標は2019年半ば。(上述したハードフォークとは異なったもの)
  • イーサリアム・バーチャルマシンからEWASMへの移行。
  • スマートコントラクト向けの「ストレージフィー(保管料)」というコンセプトの提案

EWASMとはイーサリアム仕様のウェブアセンブリで、移植性に優れ、容量や読み込み時間の効率性が優れているという特徴があるとしている。

まとめ

ビットコインキャッシュのハッシュ戦争や、SECのICOに関する規制問題などが原因となり、仮想通貨市場の低迷が続いている。

そうした中で、イーサリアム開発者はネットワークの発展を続けるため、このような会議が行われた。

このアップグレードに関するディスカッションは、そうしたイーサリアム開発者のプラットフォームを効率化しようとする姿勢を象徵するものとなっている。

CoinPostの関連記事

2018-11-21 17:05
2018-11-14 06:50

スポンサーリンク