仮想通貨ビットコインでタバコが買える:フランス国内小売店、来年1月から「BTC決済システム」導入へ

仮想通貨ビットコインでタバコが買える:フランス国内小売店、来年1月から「BTC決済システム」導入へ
BTCでのタバコ販売システム導入へ
来年1月1日から、フランスのタバコ小売店にてビットコインでの販売を開始する計画が明らかとなった。ただフランス中央銀行からは、ビットコインでのタバコ販売に関して一切同意をしていないとの声明が発表され、大きな懸念点が残る。

フランス:BTCでのタバコ販売システム導入へ

来年1月1日から、フランスのタバコ小売店にて、ビットコイン・クーポンの販売を開始する計画が明らかとなった。

出典:KeplerK 公式サイト

この計画は、仏プルーデンス監督・破綻処理庁により認可されている。

およそ3,000〜4,000のタバコ小売店に、このビットコイン・クーポン購入のための決済システムが導入されるとしているとしている。

ビットコインの購入額は、50ユーロ、100ユーロ、250ユーロからのオファーとなっている。

このシステム自体は、ビットコイン・クーポンを販売するKeplerK社と、キャッシュ・レジスター・ソフトウェア(レジ機能を備えたソフトウェア)を製作するBimediaと共同で運営される。

タバコフェデレーション(タバコ連盟)は、このシステムについて、

(このシステムは)特にタバコの購入をビットコインで済ませたい人に向けたものだ。

タバコの購入者は、ビットコインに換金可能な専用チケットを受け取り、「KeplerK」のウェブサイト上で、現金からビットコインへと換金する。

と説明している。

ビットコインへと換金した後は、そのビットコインを同プラットフォームのウォレットで管理し、Bimediaが提供するシステムで決済を行う形となっている。

フランス国内では、至るところにタバコ店が店を構えていることから、この決済システムを導入するという動きは極めて重要で、アクセシビリティが向上することから、仮想通貨が投機的なものではなく、決済システムとして普及する先駆けとなる可能性もある。

懸念点

ただし、このシステム導入に関する懸念点もある。

それはフランス中央銀行が、今週水曜日にビットコインでのタバコ販売に関して、一切同意をしていないと発表したことだ。

出典:Banque de France

文書内には、以下のように綴られている。

今朝、事前確認されないまま公表された件に関して、一切合意に至っておらず、タバコ小売店のビットコインによる販売を許可していない

このように、ビットコインでのタバコ販売について、懸念点が残るものの、もし導入されれば、仮想通貨にとって大きな一歩となるだろう。

CoinPostの関連記事

フランス国会、ICOに対する新たな法律の枠組みを可決。 同国におけるICO業務合法化が牽引力となり、隣国にもより前向きな姿勢や実際の動きが見込める可能性も。
2018-04-29 11:24
CLOSE
CLOSE