仮想通貨Kin(KIN):イーサリアムからステラベースのブロックチェーンに完全移行へ

仮想通貨Kin(KIN):イーサリアムからステラベースのブロックチェーンに完全移行へ

仮想通貨Kin(KIN):イーサリアムからステラベースのブロックチェーンに完全移行へ

メッセージングアプリKikの開発者らによってローンチされたKinプロジェクトは、イーサリアムブロックチェーン上で稼働するよりも、Stellar(ステラ)上で稼働したほうが有利に機能することから、ステラベースのブロックチェーンへ完全移行することを発表。

Kinは、2017年12月に成功させたICOの後、ERC20トークンとしてイーサリアムブロックチェーン上に設計された。

しかし、Kik MessengerのCEOであるTed Livingston氏は、 イーサリアムの信頼性が低いと非難、それを「ブロックチェーンのダイヤルアップ時代」と批判。

この発言をしていた時点で、dAppのCryptoKittiesの需要増加によって、トランザクションが詰まり、イーサリアムネットワークの取引手数料が、数セントから数ドルに急増していたタイミングだった。

ステラプラットフォームを使う主な理由には、スケーラビリティ、取引速度、低コスト、エネルギー効率などがある。

イーサリアムネットワークでは、1秒あたり7〜15トランザクションしか処理しないイーサリアムと異なり、1秒あたり1000以上のトランザクションが可能であると主張している。

今年5月、イーサリアムブロックチェーンとステラネットワーク上両方にKinを存在させることとなり、トランザクションスピードや流動性改善を目的とした数少ない2つのブロックチェーンを使用したプロジェクトとなることを発表していた。

しかし、ステラベースのブロックチェーン移行後、イーサリアム上のKINトークンが徐々に無くなり、ステラ基軸のブロックチェーンに完全移行となることが判明した。

参考記事:Payments Platform Kin Announces Token Migration from Ethereum to Custom Stellar Fork

CoinPostの関連記事

2018-05-14 18:25
2018-04-01 11:34
CLOSE
CLOSE