国内仮想通貨取引所のシステム不備による強制ロスカットで計5500万円損失:取引の無効化求め「ADR」申し立て

国内仮想通貨取引所のシステム不備による強制ロスカットで計5500万円損失:取引の無効化求め「ADR」申し立て

国内仮想通貨取引所のシステム不備による強制ロスカットで計5500万円損失:取引の無効化求め「ADR」申し立て
国内仮想通貨取引所のシステム不備によるロスカットで計5500万円の損失
仮想通貨取引所「Zaif」でビットコインFXに投資した際、システムの不備により通常起こり得ないBTC価格で強制ロスカットされて多額の損失を被ったとして、顧客18人が「取引の無効化」を求めるADRを申し立てた。

国内仮想通貨取引所のシステム不備によるロスカットで計5500万円の損失

NHK NEWS WEBの報道によると、仮想通貨取引所「Zaif」でビットコインFXに投資した際、システムの不備により通常起こり得ないBTC価格で強制ロスカットされて多額の損失を被ったとして、顧客18人が「取引の無効化」を求めるADR(裁判外紛争解決手続き)を申し立てた。

今年1月から4月にかけて、突如としてログインできなくなるトラブルが複数回に渡って発生。不当に低い価格で強制決済されたことで、18人で計5500万円の損失を被ったとしている。単純計算で1人頭約300万円の被害額だ。

具体的な日時までは公開されていないが、代表的なものとしては、2018年4月26日のZaifトラブルが挙げれる。

アクセス過多によるサーバー遅延により、ビットコインFXでロスカット(証拠金維持率が30%を下回った時点で、更なる損失の拡大を防ぐために、その対象ポジションを強制的に決済する制度のこと)の異常な連鎖が発生しており、ZaifのBTC価格が110万円台から60万円台にまで暴落する事態となったという。

Zaifチャート:異常取引時

この件では、他の取引所では97万円近くで推移するなど、仮想通貨取引所間で大きな価格乖離が生じるなど問題になったが、テックビューロ社は、ロールバックなどの対応や補填を行わない方針を示していた。

CoinPostの関連記事
2018-04-26 22:47

テックビューロが運営する仮想通貨交換業者「Zaif」は、今年9月に不正アクセスにより仮想通貨の盗難被害が発生、事業存続が困難になったとして、フィスコに事業譲渡を行うとしている。

また、以前より不正出金やサーバエラーやシステム不具合に関するトラブルが頻出、報告されていた。

0円システムバグで21億BTCが出現

今年2月には、ビットコインの最大発行枚数2100万BTCを超える、存在しないはずの「21億BTC」が、Zaifの売り板に出現したことで騒動となった。

この件に関してテックビューロは、「異常値の表示に関するお詫びとご報告」として、簡単売買においてゼロ円でも売買できてしまう状態が発生し、BTC/JPYの板情報に異常な値が表示されたと謝罪と釈明を行なった。

ADRとは

裁判外紛争解決手続(Alternative Dispute Resolution; ADR)とは、訴訟手続によらない紛争解決方法を広く指すもの。

「当事者間による示談交渉」と、「裁判所による法律に基づいた裁断」との中間に位置する。

メリットとしては、訴訟と比べて時間がかからない、手続きが裁判の様に煩雑でない、当事者の都合に合わせて日時を決める事が出来るなど、柔軟に対応することが可能だ。

デメリットとしては、仲裁での解決を選択すると訴訟を起こす権利が失われることがある。

502 Bad Gateway Tokenのエアドロップ

Zaifなど取引所のサーバダウンやハッキング事件などのトラブル発生時限定で、エアドロップ(無償配布)が実施される「502 Bad Gateway Token」をエアドロップで配布する試みも。

CoinPostの関連記事

2018-10-23 14:45
2018-10-10 18:01
CLOSE
CLOSE