ソーシャルネットワーク・サービス系の「dApps」9選:サービス内容を解説

ソーシャルネットワーク・サービス系の「dApps」9選:サービス内容を解説
ソーシャルネットワーク・サービス系の「dApps」を解説
Web3.0を象徴する、dApps(ブロックチェーンアプリ)。認知度こそ高くないものの、非常に便利なサービスも無数に存在している。今回は、ソーシャル系で有望な「dApps9選」を紹介する。

ソーシャルネットワーク・サービス系の「dApps」を解説

Web3.0を象徴する、dApps(分散型アプリケーション、ブロックチェーン・アプリケーション)は、認知度こそ高くないものの、非常に便利なサービスは無数に存在している。今回は、テーマごとに分けて有望なdAppsを紹介する。

この記事では、ソーシャルネットワーク・サービス系のdAppsを解説している。

1:AKASHA

出典:公式サイト

公式サイト

AKASHAは、現実世界で保障されている発言権などの「基本的人権」がコードでも保障されうると信じており、その実現に向けて開発が続けられているソーシャルネットワークプロトコルだ。

記事を投稿することで、ブロックチェーン上にデータが保存されていく。記事はIPFS(分散ストレージ)に書き込まれていくために改ざんすることも、国の検閲を受けることもない。AKASHAでは良質なコンテンツを売買することもできる。

2:YOURS

公式サイト

Yoursは、インターネット上にあるコンテンツの質を高め、人々が好きなことをして稼げるようにするためのツール開発を進めている。

Yoursでは、ユーザーが読み手にとって価値ある投稿をすることで、書き手はビットコインキャッシュ(BCH)を稼ぐことができる。記事自体に値段をつけることも可能だし、読み手が高評価した記事に、お礼の気持ちとしてビットコインキャッシュ(BCH)を送ることもできる。

3:investFeed

出典:公式サイト

公式サイト

investFeedは、仮想通貨にまつわることすべてに関する「震源地」であり、”One Tab”ソリューションを提供し、仮想通貨の愛好家、プロ、プロジェクト間の情報交換をよりスムーズにする。

その情報には、サードパーティのAPIを介したマーケットデータ、ネット上で交わされる感情、ニュース、情報、アセットポートフォリオなどが含まれる。つまり、investFeedさえあれば、仮想通貨市場を渡り歩く上で不可欠な情報を一挙に入手できる。

4:Matchpool

出典:公式サイト

公式サイト

マッチメイキング(人や組織同士をつなげること)は、あらゆるサービス産業で重要な要素。

人の関わりは、信頼に基づく。Matchpoolはメンバーが自身の信頼や評判を可視化し、活用できるようにする。これまでは人間関係そのもの、その中で培った信頼や評判を、他の関係性で活用することができなかった。

Matchpoolは、これらの価値を他の分野にも活用し、ブロガーやスタートアップはもちろん、人と接するすべての場面で、これまで培った信頼などを適用可能にする。

5:qbao

公式サイト

Qbaoは、中国で開発された仮想通貨ウォレット。様々な仮想通貨の利用(支払い、決済)やトークン交換に対応している。

それだけではなく、ソーシャルネットワーキング機能、ニュースや引用の配信、DAPPストア機能などを備えている。これらにより、どのブロックチェーン、どの仮想通貨を使うかに関係なく、仮想通貨の利用体験をあらゆるユーザーに提供する。

このウォレットを使うことで、デジタルエコノミーに触れるだけなく、生活で仮想通貨を利用しやすくなる。

6:crypviser

公式サイト

Crypviserは、プライバシーを守ることを主眼にして開発されたコミュニケーションネットワークだ。

これにより、ブロックチェーン上での生活やビジネスに関するやりとりがセキュアになる。Crypviserが開発したセキュリティプロトコルは、あらゆるプライバシーに関する脅威に対応できるように設計されている。

インスタントメッセージ機能や音声通話だけでなく、ウォレット機能も備えている。これらの利用には、SMS認証や電話番号を必要としない仕組みを採用している。

7:APPICS

公式サイト

APPICSは、次世代ソーシャルメディアになることをモットーに開発が進んでいるdApp。APPICSでは投票システムを導入し、ネットワークの品質を維持する仕組みを導入している。コミュニティ内でコンテンツを評価する投票をすることで、コンテンツ作成者のみならず、投票者もトークンを稼ぐことが可能。

数秒以内にユーザー同士でトークンのやりとり可能。また、ソーシャルメディアアプリケーションをウォレットに埋め込んでいる初のアプリでもある。

8:QunQun

公式サイト

QunQunは、ブロックチェーン技術を活用したソーシャルコミュニティ・プラットフォーム。ユーザーはそれぞれの手間にそったコミュニティを、コーディングなどすることなく作成できる。

そして、そのコミュニティにコンテンツを提供することを通じて、リワードプールからトークンを受け取る。このプラットフォームでは、コミュニティの売却も可能だ。もしあるユーザーのコミュニティで非常に活発な交流がされており、有益な情報がやり取りされている場合、高値で売却することもできる。アプリのUIはTwitterに似ており、非常に使いやすい。

9:ALIS

出典:公式サイト

公式サイト

信頼できる記事と人々を明らかにする、全く新しいソーシャルメディアを作ることを目指しているALIS。

従来のメディアでは、広告のためのコンテンツ、信頼していいのかどうかわからない情報にうんざりしている人も少なくない。

ALISに登録し記事を投稿すると、それを読んで「役に立った」と思ったユーザーからALISトークンを受け取れます。また、自分自身が他の記事に「いいね」をすることでもトークンを得られる。

現在はβ版が公開されており、実際に投稿されている記事を読むことが可能だ。

ALISは、プラットフォーム上で起こった障害・事件についても記事として公開しており、利用者が安心して利用できるプラットフォームづくりに尽力している様子が伺い知れる。

あとがき

これまで数値化しにくかった「信用」「信頼」「人間関係」も、技術が進歩することで可能になってきた。

ブロックチェーン技術を活用することで、数値化だけではなく、その価値を他のものに移転することが可能となる。

一部ですでに提言されているが、どれだけの資産を持っているかではなく、どれだけ多くの人から信用されるか、頼られること(信用持ち)の方がより重要な社会になるのは、信用力を価値としてやり取りされるようになってからだろう。

その未来は、もしかするとそこまで遠くないのかもしれない。

CLOSE
CLOSE